LiLiCo、山田愛奈のルックス絶賛「モテますよ~」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
山田愛奈(左)のルックスを絶賛したLiLiCo (C)ORICON NewS inc.

 タレントのLiLiCoと女優でnon-noモデルの山田愛奈が17日、都内で行われた『New York ICE CREAM LAND supported by ARTISTRY STUDIO』オープニングイベントに出席。LiLiCoは山田のルックスを見てニューヨークに行くことを勧めた。

【写真】山田愛奈とLiLiCoがインスタ映え空間で写真撮影

 同イベントは、「かわいい写真を撮影し、加工、シェアすること」を目的に「ニューヨークの夏」をテーマにしたフォトジェニックなインスタ映え空間を提供。プロのメイクアップアーティストによる最新ニューヨークスタイルのメイク体験もできる。

 夏らしい衣装で登場した2人。LiLiCoの頭には花が乗っており「夏なので何か乗せないとなと…。テーマは若作りです」、山田は「フリルを使ったガーリーなコーデにした。スカートの生地がデニムなので、ヌケ感も出しつつ演出しました」とそれぞれ微笑んだ。

 ニューヨークの夏がテーマの会場で、ニューヨークのイメージを聞かれ、LiLiCoは「夏はアイスクリーム食べたり、大きなサングラスかけて歩いてるイメージ。カッコイイなと思うので、1回くらいは1年くらい住んでみたい。いつも工事中なのですが、ライトアップもされていてその工事中がいい。そこを歩くと映画のヒロインみたいな気分になります」と興奮。

 一方、ニューヨークに行ったことのない山田は「美術館とか博物館、アートに触れる機会が多いイメージ」と言うと、LiLiCoは「海外に行くならニューヨーク! お似合いですよ」と勧める一幕も。さらに山田の顔を見てLiLiCoは「アジアンビューティーじゃないですか! このルックスはザ・日本人ですよ。ニューヨークに行ったらモテますよ~。今、アメリカの男性はアジアンビューティーをほしがっています。ニューヨーカーはどうですか?」と質問すると、山田は「カッコイイと思います…」とタジタジだった。

 メイク体験ができる場所にちなみ、メイクのことを聞かれたLiLiCoは「日本とスウェーデンでメイクの文化が違くて。スウェーデンだと学校でメイクをしてもOK。小学校3年生から私はメイクをはじめました。日本だとファンデーション、リップ、マスカラとたくさんやるのですが、スウェーデンは目をきれいにしようというのが第一にあって、ほかは自由な感じ。日本に来てフルメイクの楽しさを知り、スウェーデンに帰るとメイクも変わるんです」と文化の違いを明かした。

 イベント後の囲み取材でLiLiCoは、この夏の新婚生活について「きょうは午後8時くらいに帰ってくるので、テラスでディナーをします。なかなかコウノトリさんも夏バテしているようで、頑張ってはいますがたどり着けませんね」と子宝について言及し「お互い仕事がいっぱいあるので、朝と夜一緒にいられる時間が大切。旦那は出掛ける2時間前に起きるので、朝ごはんを作って、少しお喋りをする。そして送り出すというのが、幸せに感じる日々ですね」と夫婦円満だと伝えた。