トム・クルーズ、来日23回目「信じられません!」 日本ファンの熱気に感謝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来日23回目に「信じられません!」と語ったトム・クルーズ (C)ORICON NewS inc.

 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(8月3日公開)のジャパンプレミアが18日、都内で行われ、主演のトム・クルーズ、共演のヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、メガホンをとったクリストファー・マッカリー監督が登場。ファン1000人、報道陣130人が集結する高い注目度のなか、トムは「とっても暑いけれど、皆さんの温かい歓迎を忘れません。これが東京、これが日本です!」と笑顔であいさつし、喝采を浴びた。

【写真】ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグら豪華出演陣も出席

 約2年ぶり、23回目の来日を果たしたトムは、レッドカーペットを何往復もし、サインや握手、記念撮影を求めるファン一人ひとりとの交流を丁寧に深めた。壇上に上がり、23回目の来日を大歓声で歓迎されると「信じられません!」と感激しきりの表情だ。

 「最初の来日は『やっと来られた』という気持ちで、去るときは寂しかった」と感慨深げに回顧。「この美しい国で美しいエレガントな文化の中に呼んでもらえる。名誉なことで感動しています。こんないい人生を歩めるなんて」としみじみ語ると「私を選んでいただいてありがとうございます。いつも温かい笑顔をありがとうございます」と感謝の口にし、再び大歓声を受けた。

 同映画は、伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の不可能なミッションに挑む大人気アクションシリーズ第6弾。骨折しながらも成功させたビルジャンプ、上空を飛行するヘリにロープでしがみつくアクション、2000時間の飛行訓練で免許を取得し、自らヘリを操縦したスパイラル飛行、成層圏ギリギリの高度約8000メートルから特殊マスクを装着しスカイダイビングし地上寸前でパラシュートを開く“ヘイロージャンプ”など、今回もノースタントでアクションに挑んでいる。