【半分、青い。】有田哲平、朝ドラ初出演 北川悦吏子氏「イケメン祭りの決定打」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
連続テレビ小説『半分、青い。』終盤のキーパーソンとして有田哲平の出演が決定

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が、NHKで放送中の連続テレビ小説『半分、青い。』(月~土 前8:00 総合ほか)に出演することが19日、発表された。有田は連続テレビ小説初出演。「昨年、連続ドラマで主演をやらせていただきまして、これは大変な仕事だなと実感したので、しばらく俳優業はお休みしようと思っていたんですが…。“朝ドラ”しかも、“北川悦吏子さんにあて書きしていただいている”と聞いて、喜んで!というか、僕でいいんですか?という気持ちでオファーを受けました」と、胸中を明かしている。

【写真】イケメン祭りに小関裕太も追加

 有田が演じる津曲雅彦(つまがり・まさひこ)が登場するのは、同ドラマ終盤のキーパーソン。漫画家を廃業し、第16週(7月16日~21日)現在、100円ショップで働きながら、涼次(間宮祥太朗)と新婚生活をスタートさせたヒロイン・鈴愛(永野芽郁)だが、この後、「ひとりメーカー」と呼ばれる人々らとの出会いで、自分がいいと思うものを作り、いいと思ってくれる人に届ける、という新たな夢に向かって動き出す。時代も2000年代に入り、やがて、3Dプリンタやインターネットの普及で、誰でも少量からモノづくりができるようになった2010年代へ。

 津曲は、岐阜・梟町のつくし食堂に、突然現れたうさんくさい男。かつては大手広告代理店に勤めていたが、独立し、「ヒットエンドラン」という会社を立ち上げる。商品プランニング、マーケティング、コンサルティング…さまざまな事業を展開しているというが、具体的に何をしているかは不明。鈴愛の人生に大きな影響を与える存在となる。

 有田は「既にチームワークができている撮影現場に途中参加するのは緊張しましたが、いち視聴者だったので、鈴愛がもう●歳!、あの子とこの子がこんな展開に!と、驚きつつも楽しんでいます。熊本から出てきたお笑い芸人である僕が『半分、青い。』の世界にどんな化学反応を起こすか、楽しみにしていてください!」と、意気揚々だ。

 脚本を執筆した北川氏は「佐藤健、中村雅俊、豊川悦司、谷原章介、斎藤工、中村倫也、間宮祥太朗、志尊淳(敬称略)などなど、イケメン祭りできてなぜ、最後の最後に、有田さんなのか?! イケメンの決定打が有田さん! 納得がいかない! もしくは、すごく楽しみ! いろんな意見があると思いますが、ぜひぜひ、『半分、青い。』最終パートをとくと、ご覧ください。そこに、有田さんでなければならなかった、理由が、あります」と、コメントを寄せ、今回のキャスティングに太鼓判を押す。主演の永野は「有田さんには撮影の合間に、ノリ突っ込みを教えていただきました!」と、明かしている。

 このほか、新たに出演が発表されたのは、有田演じる津曲の妹で主婦の加藤恵子役に小西真奈美。つくし食堂で見習いとして働く青年・健人(けんと)役に小関裕太(連続テレビ小説初出演)。鈴愛の幼なじみの一人、ブッチャー(矢本悠馬)の姉、西園寺麗子(さいおんじ・れいこ)役で『花子とアン』の宇田川先生役で注目された山田真歩が出演する。