KEN☆Tackey、『Mステ』初登場 “トサカ”の振り付けも見どころ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
三宅健&滝沢秀明の新ユニット、KEN☆Tackeyが7月20日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に初登場

 三宅健&滝沢秀明の新ユニット、KEN☆Tackeyが20日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)に初登場する。今回、披露するデビューシングル「逆転ラバーズ」は、ユニット名と同じ名前の商品のCMソングにも起用され話題を呼んだ。

【写真】[ALEXANDROS]の応援で福士蒼汰が登場

 アップテンポで一度聴いたら耳から離れなくなるキャッチーなフレーズが特徴的な楽曲。キレのあるダンスも大きな魅力の一つで、三宅と滝沢が「へ~い!」という元気いっぱいな掛け声などとともに終始、楽しそうに歌う姿も見どころとなる。パフォーマンス中に出てくる、“トサカ”をイメージした振り付けにも注目だ。

 昨年12月以来、9回目の登場となる4人組ロックバンド[ALEXANDROS]は、福士蒼汰主演の映画『BLEACH』の主題歌「Mosquito Bite」をテレビ初披露。初めて楽曲を聴いた時、「映画に合っていて、めちゃくちゃカッコいい!」と大興奮したという福士がスタジオに駆けつけ、楽曲の魅力をアピールする。歌唱中には『Mステ』だけのために特別編集された同映画の映像や未公開シーンも放送される。

 このほか、デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズが、最新曲2曲でスペシャルパフォーマンスを魅せる。1曲目は、TOKIOの長瀬智也が主演し、興行収入15億円のヒットを記録している映画『空飛ぶタイヤ』の主題歌「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」。”社会”と闘う人々の心情が痛烈に描かれ、それでいて聴くたびにどこか心が奮い立たせられる名曲だ。もう1曲は、炭酸飲料のCMソングにも起用された「壮年JUMP」。こちらは一転、ポップで爽やかさにあふれる楽曲で、暑い夏にピッタリ。

 3回目の出演となるDAIGOは、GLAYのTAKUROが作詞作曲を手がけた最新曲「真夏の残響」で、これまでのイメージとは違う大人な表現を見せる。6月に横浜・日産スタジアムで開催されたライブも話題になった東方神起が最新の夏のラブソング「Road」を生パフォーマンス。今月11日にベストアルバムをリリースしたmiwaは、自身最大のヒット曲「ヒカリヘ」を2年半ぶりに披露する。Little Glee Monsterは、炭酸飲料メーカーの2018年、年間イメージソングに起用されている「世界はあなたに笑いかけている」を熱唱。年始からオンエアが開始され、平昌五輪やW杯バージョンなど、さまざまなCMが公開されたことでも話題になった楽曲だ。

 「平成の名曲を平成生まれが聴いてみた」と題し、平成12年(2000年)の年間シングル売上げランキングを平成生まれの人々に聴いてもらう企画も実施。この年は、年間ランキングトップ10の全てがミリオンを達成した最後の年となった。当時の名曲やアーティストらを見た街の平成生まれたちは、一体どんなリアクションをするのか?