鈴木亮平、大河撮影で洋服に違和感?「今は浴衣姿の方が着慣れてる」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
着慣れた浴衣姿を披露した鈴木亮平(C)ORICON NewS inc.

 NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』で主人公・西郷吉之助を演じている俳優・鈴木亮平が22日、東京ミッドタウン・コード―ヤードで行われた『キリン一番搾り おいしい体験会~暑い夏を、おいしい夏にしよう。~』オープニングイベントに出席。浴衣姿を披露すると「一年間、ドラマの撮影で着ている。今は浴衣姿の方が着慣れていて、洋服を着ている方が違和感ある」と笑顔で明かした。

【写真】ビアサーブしビールを振る舞ったた鈴木亮平

 イベントでは、ビール談義に花を咲かせた。「理想は海辺で中学時代の仲間と集まって、海鮮バーベキューしながら飲みたい」と想像を膨らませ「来週は、真夏の暑さのなか、合戦シーンの撮影が控えてる。やりきった感と、のどが乾いてると思うので、撮影が終わったら共演者と居酒屋で乾杯したいですよね」と声を弾ませた。

 実際に冷えたビールを口にすると「本当においしい。僕だけ飲むのが申し訳ないですけど」と至福の表情。同体験イベントは、きょう22日から25日まで開催。野球場でビールの売り子経験がある鈴木は、来場客にビアサーブするサービスで『キリン一番搾り』を振る舞っていた。