【いだてん】テーマパークみたいなオープンセットに中村勘九郎、生田斗真ら「幸せ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』新橋駅・駅前広場 ストックホルムに向かって三島弥彦(生田斗真)が出発するシーン (C)ORICON NewS inc.

 茨城県つくばみらい市にあるロケ施設「ワープステーション江戸」に、このほど大正・昭和時代の町並みを再現した近現代エリアと雨天でも撮影できるスタジオが新設された。さっそく今月から撮影に使っているのは、NHKの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(2019年1月スタート、全47回)』。その模様が20日、報道陣に公開された。

【写真】収録現場より。キャストたちの背後に路面電車

 東京から日帰りができる立地、江戸時代を中心とした大型の時代劇オープンセットで、大河ドラマなどのNHK時代劇、民放ドラマ、映画、CM、イベントなど、多岐にわたり利用されている同所。新たに約1万平米の敷地に、鉄筋のビル9棟と木造建物22棟、そして150坪の給排水設備、空調換気設備を完備したスタジオ1棟が建設された。

 来年の大河ドラマ『いだてん』は、“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三(中村勘九郎)と、“日本に初めてオリンピックを呼んだ男”田畑政治(阿部サダヲ)を主人公に、日本が初めて参加し、大惨敗を喫した1912年(明治45年/大正元年)のストックホルムから、64年の東京オリンピックが実現するまでの52年間を、明治、大正、昭和を生きた希代の落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)が、自らの人生を織り交ぜながら、落語『東京オリムピック噺』として語り、描いていく。

 新設された近現代エリアは、『いだてん』の撮影にうってつけ。大正・昭和時代の銀座や新橋、浅草などを想起させる町並みが再現されており、ビル群エリアを一周できる路面電車も導入。これまで、中国・上海などの限られた撮影施設でしか撮れなかった、路面電車が街なかを走るシーンの撮影もできる。木造建築エリアは、日本家屋と洋風な看板建築が混在する商店街、民家が軒を連ねる下町の住宅街が再現されている。

 この日は、ストックホルムに向け旅立つ四三や監督の大森兵蔵(竹野内豊)とその妻・安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)、嘉納治五郎(役所広司)が続々と新橋駅に到着し、少し遅れて四三とともに日本最初のオリンピック選手に選ばれた三島弥彦(生田斗真)が「天狗倶楽部」を引き連れてやってきて、大勢の人たちに見送られるシーンなどが撮影された。

 キャスト陣の取材会も行われ、勘九郎、生田、永山絢斗、満島真之介、近藤公園、武井壮、古舘寛治、シャーロット、杉本哲太、竹野内、役所が出席。勘九郎は「テーマパークに足を踏み入れたようなセットで撮影ができていることを幸せに思います」とにっこり。生田は「とんでもないスケールで撮影されています。セットも細部まで自信をもってお届けできるクオリティー」と、胸を張った。

 役所は「ここのオープンセットはあったものを使い回しているのかと思ったら、全部作ったんですってね。お金かかっていますよね。すごいな、と思います」と、ニヤリ。ちなみ、路面電車は、1/1モデルで新たに製造されたもので、定員20人、線路の上を自走できる。木造建物も一時しのぎでない本建築仕様となっている。

 猛烈な暑さにも負けずに撮影に臨んでいるキャスト陣だが、古舘の「セットも衣装もすごいが、暑さだけは再現できていない。描いている1900年の最初の頃はこんなに暑くなかった。暑さも当時に戻してほしい」というぼやきに、共感の笑いが起きていた。