三宅裕司、前立腺肥大症と診断 治療専念で「しばらくの間療養」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
三宅裕司(C)ORICON NewS inc.

 俳優の三宅裕司(67)の所属事務所は22日、公式サイトを通じて、三宅が前立腺肥大症の診断を受けたことを報告し、治療に専念するためしばらくの間、療養することを発表した。

三宅裕司のプロフィール

 「お知らせ」として更新されたサイトでは「この度、三宅裕司が前立腺肥大症の診断を受け、治療のため、しばらくの間療養をさせて頂くことになりました」と報告。「ご迷惑とご心配をお掛け致しますこと、心よりお詫び申し上げます」とし「一日も早く元気な姿をお見せ出来るよう、治療に専念させて頂くことをご理解頂きます様お願い致します」と呼びかけた。

 なお、すでに収録済みの番組などは予定通り放送し、今後の活動については「詳細が決まり次第、本メルマガやオフィシャルサイト等で発表させて頂きます」と伝えている。