山田孝之、婚姻届のなれの果てに驚がく 菅田将暉はライダー時代の思い出の味に歓喜

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ朝日系『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』7月24日放送回にゲスト出演する(左から)山田孝之、菅田将暉 (C)テレビ朝日

 お笑いコンビ・バナナマンがMCを務め、私たちの身近にあって、疑問に思っていた“ソノサキ”に踏み込んでいくテレビ朝日系バラエティー『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(毎週火曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)。24日の放送回に、同局系金曜ナイトドラマ『dele』(27日スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)にダブル主演する、俳優の山田孝之と菅田将暉がゲスト出演。2人が気になっていたものの“ソノサキ”を徹底追跡する。

【イベント写真】PCを真剣に見つめる山田孝之

 山田からは「日々役所に提出されている婚姻届。受理されたソノサキはどうなっているのか?」という疑問が挙げられた。年間およそ60万枚提出される婚姻届は、役所で一定期間保存された後、まさかのラストを迎えていたことが判明。スタジオ収録では、あまりの衝撃に山田は「僕が出した婚姻届もこうなっているということですね…」と、戸惑いを隠せない様子だった。

 南極大陸の地底で発見された巨大な湖“ボストーク湖”のソノサキにも山田は興味津々。湖から多種多様な未確認生命体が発見されたという事までは自分で調べていた、という山田も追えていなかった驚がくのソノサキとは…!?

 一方、菅田が知りたかったのは、街角で販売されているケバブのソノサキ。「僕たちはまだケバブのことを何も知らない」と言う菅田のために、ケバブのすべてを徹底的に調査した。東京・渋谷にあるケバブ店を訪れたスタッフは、ケバブに関する3つの疑問を追跡。これだけ日本に浸透するきっかけとなった出来事や、あの巨大な肉の塊がどのようにして作られているのかなどが明らかに。そして次から次に削られて細くなったケバブの、衝撃のソノサキも判明。これまで知らなかったケバブのアレコレが明かされ、菅田は大満足の様子。

 また、菅田が仮面ライダー出演時代に通った、大泉学園駅にあるつけ麺店のにんにくつけ麺。移転したと思われるその店のにんにくつけ麺を探すべく、番組スタッフは大追跡を開始。思い出の味がスタジオに登場すると、菅田は大喜びだった。