超特急、汗だくでキレキレダンス 連ドラ『ヒモメン』主題歌をライブ初披露

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3年連続で『SUMMER STATION』に出演した超特急 Photo by 深野輝美

 ダンス&ボーカルグループ・超特急が23日、東京・六本木ヒルズで開催中の日替わりフリーライブ『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE』(~8月19日)に登場し、1時間にわたって全11曲を披露。アンコールでは15thシングル「Jesus」(8月8日発売)をライブ初披露し、8号車(超特急ファン)を沸かせた。

【ライブ写真】『サマステ』メンバーソロショット

 都内で40度を記録する猛烈な暑さとファンの熱気でむせ返るなか、3年連続3回目の出演となる『SUMMER STATION』のステージは、ユーキの「お前ら楽しむ準備できてるか!?」のあおりで幕を開けた。

 アップテンポな「OVER DRIVE」「Summer love」でたたみかけ、「超えてアバンチュール」では変顔で沸かせたリョウガがユーキとユースケを抱き寄せ、「『(ただいま、)ゲーム実況中!!』楽しみです」とたびたび出演しているテレビ朝日の番組をアピール。ファンは色とりどりのペンライトを振ったり、飛び跳ねたりと大盛り上がりし、抽選で外れた大勢のファンも音漏れに耳を傾けながら声援を送った。

 タオルを振り回す「浮つきWAVES」では、カイが「アツすぎる! 汗だくなんですけど!」と漏らすと、タクヤは会場後方のコカ・コーラ販売ブースに向かって「お姉さん、大至急コカ・コーラ6本、ステージにお願いします!」と注文。ステージまで届けられると、リョウガが「せっかくだからコカ・コーラのCMをいただけるようにかっこよく飲んでみよう」と提案。それぞれ一気飲みしながら「このひととき、一生忘れない」(ユーキ)、「飲み合いっこしよ?」(ユースケ)などとキメせりふを披露し、「CMお待ちしてます」と猛アピールしていた。

 汗だくで10曲をパフォーマンスして本編を終えたメンバーは、「超特急」コールに応えて再登場。ユースケはこのライブの前に特別番組『超特急のenjoy3時間SP!!』の収録を行っていたことを報告し、大歓声があがった。続けて、18日スタートの窪田正孝主演ドラマ『ヒモメン』(毎週土曜 後11:15 テレビ朝日系)の主題歌に起用されている「Jesus」を初披露することを告げると、カイは「ドラマのスタッフの方が、主題歌の『Jesus』がバッチリはまったと言ってくださった」と胸を張り、サビの“ジーザス”“ビーナス”ポーズが印象的な新曲をパフォーマンス。超特急らしいコミカルさを交えたキレキレダンスで黄色い歓声を浴びていた。

■『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE』セットリスト
01. OVER DRIVE
02. Summer love
03. 超えてアバンチュール
04. Booster
05. refrain
06. We Can Do It!
07. Turn up
08. 浮つきWAVES
09. HOPE STEP JUMP
10. SAY NO
【アンコール】
11. Jesus