金子賢主催“夏に映える美ボディ”大会を取材 美人トレーナーがくびれで魅了

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『SUMMER STYLE AWARD JAPAN OPEN』ベティ・プロ部門で優勝した平川瑞希さん (C)oricon ME inc.

 俳優・金子賢が主催するボディコンテスト『SUMMER STYLE AWARD JAPAN OPEN(サマースタイルアワードジャパンオープン)』が22日、TFTホール(東京・有明)で開催された。今夏からプロ部門が初登場とあって、イベントは大きな盛り上がりを見せた。中でも、会場を賑わせた女性プロ部門グランプリを紹介する。

【画像】大胆ポーズで観客を魅了する平川瑞希さん

 同大会は筋肉量を競うボディビル大会とは異なり、全身のバランスが重視される。世界的には「スポーツモデル」クラスにあたり“健康的でたくましく、スタイルが良く、そしてかっこよさを追求する”がテーマだ。

 今年はこれまでに大阪、横浜、東京など7地域で大会を開催し、各地のビースティ部門、フィジーク部門(ともに男性)、ベティ部門(女性)の優勝者にはプロ契約の権利が贈呈された。JAPAN OPENでは、アマチュア戦とともにそのプロのみの戦いとなる賞金レースがSSA史上初めて登場した。

 女性のベティ・プロ部門で見事グランプリを獲得し会場を賑わせたのは、平川瑞希さん。「丸2年競技をしていますが、今日は本当に最高です! 日本人はくびれている女性が少ないので、女性らしいカーヴィーラインにこだわって仕上げてきました」。

 全体に締まりながらも丸く盛り上がったヒップは、まさに超絶美ボディ。「骨格は変えることができませんが、そこにどう脂肪や筋肉をつけると美しいのか。ボディメイクは自分の体を美しい作品に仕上げる“工作”みたいなものなんです」

 大阪でジムを経営しトレーナーとして働く平川さん。日々、自分の体を使って美しい“工作”を追求し、そのメソッドをお客様に合わせて提供するのが楽しみという。「変わりたくても変われないと悩まれている女性の方にトレーニングの魅力を伝えていきたいです」。