radiko『ラジコオーディオアド』を開始 リスナーに合わせCM変化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
radikoロゴ

 radikoが音声によるターゲティング広告モデル『ラジコオーディオアド』の実証実験を7月24日より開始することを発表した。

【TBSアナウンサー×「ラジオ」Vol.1 宇垣美里】テレビとは違う距離感に喜び「コアなファンに会ったような…」 (18年07月23日)

 『ラジコオーディオアド』とは、番組単位でターゲットをセグメントする地上波ラジオ放送の広告とは異なり、聴取番組に関係なくラジコリスナーの年代や性別といった属性でターゲットをセグメントすることが可能な広告モデル。つまり。従来までのような番組“枠”に対してではなく、聴いている“人”に向けてターゲティングし、広告を配信していくというものになる。

 なお、ターゲットのセグメント配信においては、ラジコDMP(ラジコがこれまで培ってきた聴取ログやアプリ利用履歴、プレミアム(有料)会員属性データといった1st Partyデータに加え、ビデオリサーチが調査を実施する生活者シングルソースデータ「ACR/ex」)を活用して拡大推計を行うことで、リスナーの属性や好みに沿って広告を配信することが可能となる。

 また、当広告商品は、地上波ラジオ放送の上質なラジオ番組コンテンツの合間に流れる広告枠を活用して実施するため、昨今、広告主が懸念されるアドフラウドの心配も一切なく、ブランドセーフティを保証し、かつその広告聴取がスキップされづらいというメディア特性を持っています。

 今回スタートさせる実証実験では、対象を各ラジオ放送局が持つ自社広告枠のみとし、同枠を『ラジコオーディオアド』に差し替える形で実施する。地上波ラジオ放送における販売広告枠は使用しないため、これまで通り地上波ラジオ放送と同じ広告がラジコでも配信される。

 対象エリア・放送局は、在京7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、TOKYO FM、J-WAVE、InterFM897)限定とし、秋頃を目途に在阪局(ABCラジオ、MBSラジオ、OBCラジオ大阪、FM COCOLO、FM OH!、FM802)へと拡大、その後、順次、全国展開を目指していく。

 ラジコは現在、民放ラジオ93局と放送大学とNHKラジオ(第1・第2・FM/実証実験中)が参加し、日間ユニークユーザー数はすでに120万人を超えている。また、2014年4月に開始した日本全国のラジオ局が楽しめる『エリアフリー聴取(ラジコプレミアム)』のプレミアム会員数は52万人を超え(2018年7月現在)、さらに2016年10月開始の『タイムフリー聴取』の日間ユニークユーザー数は37万人(2018年7月現在)を超えている。

 ラジオを聴取するデバイスの広がりにより、優良なコンテンツを届けるラジオの認知や媒体価値に対する理解が若年層にも拡大しつつある。radikoでは、全体的にラジオを聴取する年齢層が幅広くなっていくなか、『ラジコオーディオアド』という新しい試みを試験的に実施することで、よりラジオの媒体価値を高めることを目指していく。

※今回の実験ではライブ配信のみの対応。タイムフリーでの差し替えは行わない。