江口のりこ、“不正受給疑惑”のシングルマザー役「ちゃんと演じなきゃ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
24日放送のカンテレ・フジテレビ系『健康で文化的な最低限度の生活』第2話より江口のりこ (C)カンテレ

 女優の江口のりこがカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(毎週火曜 後9:00)の第2話にゲスト出演することがわかった。江口が演じるのは、ケースワーカーの主人公・義経えみる(吉岡里帆)が担当するシングルマザーの日下部聡美。“不正受給疑惑”が浮上する難役を演じ、「台本を読んで、ちゃんと演じなきゃなと思いました。生活保護は知っていましたが、いろいろなケースがあって、今回のような細かいところまでは知らなかったです。実際にこうした状況で受給しているご家庭があるんだってことを知れただけでも、参加させてもらえてよかった」と手応えを語った。

【場面カット】井浦新と吉岡里帆

 ケースワーカーの仕事にも少しずつ慣れてきたえみるは介護にパート、そして2人の子育てをするシングルマザーの聡美と良好な関係を築き、息子の欣也(吉村界人)は音楽という夢に出会って生き生きとしていることを知って上機嫌。ところがある日、欣也のある“秘密”が原因で日下部家に不正受給疑惑が…。上司の京極(田中圭)から「絶対に許さないこと!」と厳しく指示されたえみるは対応に追われるなか、ある失言をきっかけに日下部家の絆をバラバラにし、欣也の夢を打ち砕く事態にまで発展してしまう。

 聡美は思春期の子ども2人を育てながら、介護もしているという役柄だが、江口は「ぜんぶを表現するのは難しいですね。44歳で高校生の息子と中学生の娘という大きな子どもが2人もいる母親に見えるのか?というのも不安で。ただ一つだけ自分にできるかもと思うのは、息子との関係性のところです。そこのところをきっちり、吉村(界人)くんと心を通わせてやっていきました」と振り返った。

 主演の吉岡里帆については「吉岡さんは、明るくて、爽やかで、楽しい方。初めてえみるさんと話す時、この人が担当になってくれてうれしい、信頼できると思う表現がどんな風になるかなと自分でも思いましたが、まあ、なんの無理もなく、吉岡さんを目の前にすると笑顔が出てきました。吉岡さんで助かりました。ものすごいものがある方だと思います」と絶賛。

 「ドラマを見ていただいて、世の中にはこういった境遇の人もいると知っていただきたいと思います。知ったからといって、自分に特別できることが見つかるわけではないけれど、知っているのと知らないのでは違うと思うから。ぜひ見てほしいです」と熱く呼びかけている。