【オリコン】KAT-TUN、再始動後初アルバムで10作連続首位 連続首位獲得数で歴代1位タイ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
KAT-TUNのアルバム『CAST』が初登場1位

 今年再始動したKAT-TUNの最新アルバム『CAST』(7月18日発売)が、発売初週に12.8万枚を売り上げ、7/30付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:7月16日~7月22日)で初登場1位を獲得した。

【ライブ時】赤×黒の衣装で意気込みを語ったKAT-TUN

 KAT-TUNのアルバム1位獲得は、2016年4/4付で記録したベストアルバム『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST "10Ks!"』(2016年3月発売)以来2年4ヶ月ぶり通算10作目。1stアルバム『Best of KAT-TUN』(2006年3月発売)から10作連続。「デビューからのアルバム連続1位獲得作品数」で歴代1位タイを記録した(再デビュー/グループからのソロデビュー等による作品はのぞく)。また本作の初週売上は、前作オリジナル盤『come Here』(2014年6月発売)の初週売上7.5万枚を上回る好スタートとなった。

 メンバーの亀梨和也は「4年ぶりのアルバム制作、そして再始動というこのタイミングで、たくさんの方たちに受け取って頂けたことを嬉しく思います」と喜びのコメントを寄せている。また、8月4日より8都市18公演を行う全国ツアーについて、「8月から始まる全国ツアーに全力で向き合い、このアルバムを皆様と共に育んでいきたいと思います」と意気込む。

 約2年の充電期間を経て発売された再始動第1弾シングル「Ask Yourself」(2018年4月発売)に続いて1位を記録した本作は、約4年ぶり再始動後初となるオリジナルアルバム。前出の「Ask Yourself」やアルバムリード曲「Unstoppable」、3人のソロ曲などを収録している。