欅坂46平手友梨奈、自ら発案 主演映画の原作“完全再現”

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
平手友梨奈主演映画『響 -HIBIKI-』(9月14日公開)独特で艶やかな着物の模様まで再現された第4集のビジュアル(C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

 欅坂46の平手友梨奈(17)が、主演する映画『響 -HIBIKI-』(9月14日公開)の原作コミックス表紙を“完全再現”したビジュアルが公開された。平手が演じる主人公の女子高生小説家、鮎喰響(あくい・ひびき)が描かれたコミックス第1集~第5集の表紙と同じシチュエーションで撮影。「完全に再現すること」にこだわったこの企画。発端は平手自身の発案だった。

【画像】平手友梨奈の原作表紙完全再現ビジュアル4点

 平手は「意外と細かいところまで再現するのが難しかったです。見る人によっていろんな意見が分かれると思いますが、見ていただけたらうれしいです」と、コメント。原作者の柳本光晴氏は「このビジュアルを見て真っ先に思ったのは、平手さんが本当にしっくりくる、ピッタリきてるということです。とにかく、パッと見て感動するくらいうれしかったですし、一つ一つにもこだわりを感じました。うれしいです。本当にありがとうございます」と、感謝、感激している。

 第1集の表紙の再現は、さまざまなアニメやマンガの世界をリアル化する世界的なグラフィックプロジェクト「ANIMAREAL(アニマリアル)」が担当。響の世界観あふれる背景を忠実に、かつリアルに再現した。第4集の独特で艶やかな着物の模様の再現は、映画のVFXを手掛ける「ピクチャーエレメント」が担当。

 そのほかの3点も、原作の響と完全にシンクロするビジュアルを熱望した平手のもとに多くのクリエイターが集い、撮影も顔の角度や手の位置など細部にまでこだわった結果、まさしく鮎喰響が実在したかのような、映画と原作をつなぐ質の高いビジュアルが完成した。

 原作は、2014年から『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で連載されている柳本氏の『響~小説家になる方法~』。「マンガ大賞2017」の大賞に輝いた注目作だ。実写映画化の監督を務めるのは、映画『君の膵臓をたべたい』(17年)の月川翔氏。脚本は連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の西田征史氏が担当した。

 映画初出演で初主演となる平手が演じるのは、天才的な小説を書き、文学界に革命を及ぼす15歳の女子高生。信念を曲げず、建前やごまかしを許すことができない性格で、時に暴力的な行動にも出てしまうエキセントリックな響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役に北川景子。響が入部した文芸部の部長・祖父江凛夏(そぶえ・りか)役にアヤカ・ウィルソン。脇を固める高嶋政伸、柳楽優弥、北村有起哉、野間口徹、板垣瑞生、吉田栄作、小栗旬らが響を中心に描かれる人間ドラマを彩っていく。