長友佑都、“新婚”柴崎岳を祝福「奥さんを支えてサポートして」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
“新婚”柴崎岳を祝福した長友佑都(C)ORICON NewS inc.

 サッカー日本代表の長友佑都選手(31)が24日、都内で行われた『「LIFULL」アンバサダー』発表会に出席。先日、W杯を共に闘った柴崎岳選手(26)が、女優の真野恵里菜(27)と結婚を発表したが、女優の平愛梨(33)と幸せな結婚生活を送る長友選手は“先輩”として祝福の言葉を送った。

【写真】柴崎岳の妻・真野恵里菜、20歳の初々しいハロプロ時代

 報道陣からコメントを求められ「先輩と言っても、まだ結婚生活も1年くらいなので…」と謙そんしつつ「人生これからなので、とにかく彼には『おめでとう』と言いたい。海外生活で大変だと思うので、奥さんを支えてサポートしてほしい」と笑顔で語った。

 自身の話題になると、今年2月に誕生した長男の近況を明かした。「一日一日、大きくなるし、成長を見れてうれしいです」と、すっかり“パパ”の顔をのぞかせると「お風呂に入れたり、ミルクを飲ませたり、おしめも変えますし、自分にできることでサポートしたいと行動しています。妻も『ありがとう』と言ってくれる」とうれしそうに話した。

 ロシアW杯の激闘を終え、西日本豪雨で被災した出身地・愛媛に足を運んだ。「まだまだ大変な状況。復興に向けて苦しんでいる方もいるので、自分にできることを行動で示していきたい」と神妙な面持ちで語り、その後の過ごし方を問われると「まずは家族でゆっくりと過ごしました。今はしっかりとトレーニングを始めています」と明かした。

 この日の発表会では、長友選手が不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME'S』を運営する同社の「アンバサダー兼グローバル本部長」の就任が発表された。