高杉真宙&内田雄馬ら“旅する”ユニット結成「自転車で日本一周したい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』完成披露試写会に出席した(左から)高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、内田雄馬 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の高杉真宙、声優のLynn、内田雄馬が24日、都内で行われた劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』完成披露試写会に出席。“一生で一度はやってみたいこと”をそれぞれ明かし、旅をする3人ユニットが結成された。

【写真】真っ赤なロングドレスで登場したLynn

 同作は、小説家・住野よる氏のデビュー小説(双葉社)が原作で、昨年7月には実写映画が公開され大ヒットを記録。衝撃的なタイトルからは予測できない「僕」と桜良の儚い物語が多くの人の心を揺さぶっている。

 「僕」を演じたのは声優初挑戦となる高杉で「声優はひとつの夢だったので、お話をいただいた時はあ然としてしまいました。『そうなんすか!』と淡白な返事で驚きました」と明かし「作品を見ても客観視できず、自分で評価ができてませんが、関われて幸せだなと実感しています」と喜んだ。

 ヒロイン・山内桜良役のLynnと一緒にアフレコしたそうで「Lynnさんのおかげで、『僕』というキャラを演じられた」と感謝すると、Lynnは「うれしいですね。高杉さんの声を初めて聞いた時、しっくりきた。充実したアフレコの印象があります」と照れながら振り返った。

 作品は『桜良が死ぬまでにやりたいことリスト』がテーマになっており、それにちなみ“一生に一度はやってみたいこと”を聞かれ、内田は「全世界に友達がほしい。みんな幸せになったらいいのになと常に思っている。色んな所に行って、エンターテインメントみたいなことやることで、『世界の人とわかり合えるのでは』と思っている。色んな国に一人ずつ友達を作り、『俺が、幸せだ!』みたいになれればいい」と熱弁。

 Lynnは「47都道府県を全部を巡って、その土地のおいしい物を食べ尽くしたい。数えたら16ヶ所しか行けてない」と言うと、旅という点で内田から「ユニットで行きますか」と提案され「友達いっぱい作りましょう」と笑わせた。

 最後の高杉も「お金を使わずに、自転車で日本一周したいです」と、まさかの旅かぶり。「テントを張って生活してみたい。修行の旅、瞑想的な。一緒に行きます?」と内田に提案し、一人旅はさみしいということで高杉、Lynn、内田の3人で旅をするユニットが結成された。

 この日は、藤井ゆきよ、和久井映見、牛嶋新一郎監督、主題歌を担当したロックバンド・sumikaも登壇した。