神木隆之介、14年ぶり『ほん怖』出演「暑さを吹き飛ばして」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』に出演する神木隆之介(C)フジテレビ

 俳優の神木隆之介が8月18日に放送のフジテレビ系土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』に出演することがわかった。オムニバス形式で送る実録心霊ドラマとして1999年よりスタートした同シリーズで、神木は2004年1月放送『深夜の鏡像』以来、14年ぶりに登場。今回は大学の同級生に事故物件を紹介してしまう不動会社社員3年目の佐々木裕介を演じる。神木は「連日の猛暑ですが、『ほん怖』を見て、暑さを吹き飛ばしてもらえたらうれしいです」とよびかけている。

【写真】神木隆之介の同級生を演じる内田理央

 ある日、裕介のもとに大学時代の同級生・井口真梨恵(内田理央)が訪ねてきて、駒田和哉(岡山天音)と一緒に住む物件を探してほしいという。和哉の条件に見合う物件がなかなか見つからず、和哉は裕介に事故物件の紹介を依頼する。その部屋は、以前クローゼットの中で男が首を吊っていたのだった。数ヶ月経ったある日、真梨恵はやつれていて、和哉の様子に異変を感じていた…。

 番組について神木は「毎年見ていますし、夏と言えば『ほん怖』ですよね。14年前に出演しその時以来になるので、今回お話を伺った時、とてもうれしかったです」。今回のエピソードも「たしかに怖いのですが、背筋が凍るような怖さではなく、恐怖と現代社会の中にある小さな隙間を描いていて、見終わった後誰しもが考えさせられる話だなと思いました」と台本を読んだ感想を明かした。

 演じる上では「闇を見ている時にまばたきをしてはダメと言われたのがつらかったです」と苦労したようで「役的には、身近にこういう人いるなという親近感が大事だったので、役を作るというよりは日常だと思って自然に演じました」とナチュラルさにこだわった。

 ホラー作品は「以前は怖かったのですが、好きになりました」と神木。「友達の家で毎年怖い話を見たり聞いたりする恒例の会があり、楽しいと思えるようになりました。最近では、『着信アリ』を見ました。映画が公開された当初は、怖くて絶対見られないと思っていましたが、いま見ると色んな技術が使われていたり、こんな工夫をすると怖い風に映るなとか、こういう撮り方とか表現の仕方があるんだなという見方で見てしまいますが、楽しかったです」とすっかり苦手を克服。自身の恐怖体験を聞かれると「小さい頃に自分の部屋で女の子の笑い声を聞いた事があります。なので信じています」と話していた。

 恐怖VTRを見届けるナビゲーターとして、俳優の稲垣吾郎の引き続きの出演も発表された。