チュニキャン、先輩・市川美織と“フレッシュ”コラボ「シークヮーサーになりたいサー」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
Chuning Candyのレギュラーラジオ公開収録に元NMB48の市川美織(後列右から2人目)がゲスト出演

 沖縄出身の7人組ガールズグループ・Chuning Candy(チューニングキャンディー)が24日、東京・JOL原宿でレギュラー番組のラジオ日本『Chuning Candy Tune Up Party!!』初の公開収録を実施した。あす25日に発売となる2ndシングル「S.T.L.」(サマータイムラブ)のリリースを記念し、事務所の先輩で元NMB48の市川美織(24)が応援ゲストとして駆けつけた。

【動画】Chuning Candyの2ndシングル「S.T.L.」MV

 番組では夏仕様のポジティブラブソングに仕上がった新曲をPRすべく、グループ名とタイトルにかけてハートのキャンディーを観客にプレゼント。また、ダンスで見どころとなるハートマークポーズを原宿の女子中高生たちに猛アピールした。

 記念撮影では、レモンキャラで知られる市川のキャッチフレーズ「フレッシュレモンになりたいの~」に対抗し、最年少でサブリーダーの愛子(15)が「シークヮーサーになりたいサー!」と叫び、沖縄特産のシークヮーサーのかぶりもので会場を盛り上げる一幕も。市川は「レモンとシークヮーサーでコンビ結成できるんじゃない!?」とかわいい後輩の出現に満面の笑みを浮かべ、楽曲参加にも意欲を見せた。

 抜群のルックスとダンスパフォーマンスが売りの“チュニキャン”は、9月1日にさいたまスーパーアリーナで開催される『第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER』のオープニングアクトを務めることも決定している。