“創作あーちすと”のん、「休日は買い物や映画、普通のことをしています」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』を巡る、”創作あーちすと”ののん 撮影:RYUGO SAITO

  “創作あーちすと”で女優の「のん」が、25日発売の『月刊新潟Komachi』9月号(ニューズ・ライン)の巻頭グラビアに登場。アート作品に触れるグラビア撮影で無邪気な表情を見せたほか、「休日は買い物や映画」と普通の女の子だという意外な一面も披露した。

【写真】自然の中で大ジャンプ! 無邪気な姿を見せるのん

 同号の巻頭企画では、「元気になれる週末旅」と題して、東京・大阪で個展を開催するアーティストとしてののんが国際芸術祭『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』を巡るプチトリップ企画を展開。

 作品に触れ、のんは「自然の中にアートが溶け込んでいることに驚いた。私も作品を作ったり個展を開かせていただいているので、刺激を受けました」と、アーティストならではの視点で感想を語った。

 活躍の場を広げ、個性的なイメージが浸透している彼女だが、休日には普通の女の子として過ごしている“意外”な一面を明かしている。

 「休日はおうちでゆっくりと過ごしたり、思う存分眠ってパワーチャージします(笑)。予定がない日は、お昼すぎまで寝ちゃいます。それから、部屋の中を片付けるとリフレッシュになりますね。仕事のときは食事に気を遣っているので、我慢しているものを食べるのも幸せです。特に元気が欲しい日は、ニンニクたっぷりのステーキを食べたりします。そうすると、頑張ろう!って思えるんです。あとは買い物や映画、展覧会へ行ったり…。普通のことをしていますよ」(のん)

 同号巻頭では10ページに渡り、のんグラビアとショートインタビューが掲載される。