安室奈美恵展で“沖縄の空手美少女”の秘蔵映像も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
安室奈美恵の体感型展覧会『namie amuro Final Space』より (C)ORICON NewS inc.

 9月16日をもって芸能界を引退する歌手・安室奈美恵の25年間の軌跡をたどる体感型展覧会『namie amuro Final Space』の内覧会が25日、東京・渋谷ヒカリエ9階のHikarie Hallで行われた。

【写真】ツアーで話題となったビル群の実物セットも展示

 同イベントは、東京、大阪/福岡、沖縄でコンセプトを変えて開催。東京会場は安室の楽曲「Dr.」(2009年)をモチーフとしたアトラクション型で、冒頭の映像で、「Dr.」の歌詞に登場する博士(Dr.クロノス)から「安室奈美恵の記憶を集めよ」と指令を受けた謎の女性が西暦3000年から現代の世界に送り込まれ、来場者と一緒に安室の軌跡をたどる。

 安室の映像はこの展覧会のために撮り下ろしたもの。過去の映像もふんだんに使用され、1992年に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で“沖縄の空手美少女”としてテレビに初出演し、空手衣を着てインタビューに答える中学3年当時の秘蔵映像を見ることもできる。

 また、1996年以降のテレビ番組衣装からファイナルツアーまでのライブ衣装、「Hero」「Finally」などのミュージックビデオ衣装、ファイナルツアー『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』(2月17日~6月3日)で話題となったビル群の実物セットなども展示される。

 Hikarie Hallでの展覧会はあす26日~引退日の9月16日まで。