テレ朝10月改編『ナニコレ珍百景』日曜夕方にレギュラー放送復活

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ朝日『ナニコレ珍百景』が10月改編で日曜夕方レギュラー放送復活。MCのネプチューンは変わらず(C)テレビ朝日

 お笑いトリオ・ネプチューンがMC務め、視聴者からの投稿をもとに日本中から「ナニコレ!?」と思わず口にしてしまう不思議な光景を発掘し、紹介するテレビ朝日系バラエティー『ナニコレ珍百景』が、10月改編でレギュラー放送が復活することがわかった。

【紹介例】日本の田舎や離島で発掘した珍百景

 2008年1月に水曜午後11時台の枠で産声をあげ、同年10月から16年3月末まで、水曜午後7時で8年3ヶ月もの間、レギュラー放送。放送終了後も日本全国から「珍百景」の投稿は継続して受け付け、今年は3月、4月、5月、7月とスペシャルで放送。いずれも安定した視聴率を記録したことから、ゴールデンタイムでの放送開始からちょうど10年を迎える今年10月より、毎週日曜午後6時30分より、2回目となるレギュラー放送のスタートが決定した。

 レギュラー再スタートに当たり、番組では日本の「田舎や離島の生活」に密着。世界に目を向けた番組も多い中、あえて身近な日本にスポットを当てると、世界の風習や文化にも負けない意外な発見や驚きがたくさんあるもの。日本にこんな場所、こんな風習・文化があったのか!? そんな新たな発見は、驚きや笑いだけでなく、今後の人生の参考になるかも。そんな忘れかけていた日本の風景、知られざる驚きの暮らしぶりを紹介するため、ディレクターが全国各地を飛び回る。

 驚きや笑いだけでない、古き良き日本の田舎での温かな出会い、ご高齢のおじいちゃん、おばあちゃんの頑張る姿、地元の人々の執念が作った歴史的な光景などを「珍百景」として掘り起こしていく。カワイイ動物たちが見せる愛らしい光景や大自然が作った奇跡の絶景・珍景、不思議な看板といった定番の日常の生活の中で思わず首をかしげるような「珍百景」も紹介していく。

 その紹介VTRも投稿者の面白コメントや、地元の人たちによる思わず笑ってしまうユニークなコメントを積極的に採用。「珍百景」名物とも言える再現ドラマでは、地元の人たちの迷演技や意外な俳優たちの名演技を見せていく。

 なお、10月改編では、16年10月より木曜深夜放送に加え、日曜ゴールデンで『日曜もアメトーーク!』として週2回編成を続けてきた『アメトーーク!』を、木曜深夜レギュラーの週1編成に戻し、ゴールデンでは、曜日を問わずスペシャル版を不定期に編成していく。