梶浦由記氏、25周年ツアー完走 Revoサプライズ登場で“デュエット”も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
梶浦由記氏『Yuki Kajiura LIVE vol.#14 “25th Anniversary Special”』ファイナル公演の模様

 作曲家・梶浦由記氏の25周年記念ライブツアー『Yuki Kajiura LIVE vol.#14 “25th Anniversary Special”』のファイナルとなる追加公演が22日、東京・中野サンプラザホールで開催された。

【ライブ写真】梶浦由記氏ツアーファイナルの模様

 本人もMCで語っていたとおり「総集編」的な25周年記念らしい選曲で、ソロアルバムに収録のナンバーをはじめ、ソロユニット・FictionJunction名義の楽曲や、『魔法少女まどか☆マギカ』『ソードアート・オンライン』『プリンセス・プリンシパル』といったアニメ作品のサウンドトラックなど、アンコールを含め全26曲が演奏された。

 おなじみのバンドメンバーとKAORI、YURIKO KAIDA、Joelle、ASUKA(結城アイラ)のレギュラー歌姫4人に加え、この日はツアー中に日替わりで出演していた笠原由里、伊東えり、戸丸華江、Remiら4人のゲストボーカルも集結し、次々に梶浦氏の美しいメロディーを歌い上げていった。

 1番手で登場した戸丸は「lotus」「媛星」「目覚め」の3曲でビブラートを排した独特の歌声を披露。入れ替わるようにステージに上がったRemiは、「she has to overcome her fear」「Rainbow~Main Theme~」「moon and shadow」で美しいソプラノを響かせる。ライブ後半では、伊東えりが「Credens justitiam」「a song of storm and fire」「ring your song」で存在感のある美声を聴かせ、笠原は「Point Zero」「the battle is to the strong」「salva nos」の3曲でオペラ出身らしい迫力ある歌唱を披露するなど、それぞれが持ち味をいかんなく発揮した。

 アンコールでは、ボーカル陣8人がステージに勢ぞろい。是永巧一(Gt.)がアコースティックギターでイントロを奏でたところで、シークレットゲストのRevo(Sound Horizon / Linked Horizon)がステージ中央の段上に姿を現し、会場がこの日一番の歓声に包まれた。Revoを迎えたところで、2008年に行われたコンサート『Revo & 梶浦由記Presents Dream Port 2008』のメインテーマとして梶浦氏とRevoが共作したナンバー「砂塵の彼方へ…」を全員で合唱。曲の後半ではオリジナル通り2人のデュエットも実現し、客席から大きな拍手が送られた。

 最後のMCでは「今回は2年ぶりのツアーで、(新たに立ち上げた)FictionJunction Musicの始まりでもあり、いろいろ少しずつ冒険してみたので、やってみないと分からないなと思っていたんですが、本当にこのライブをやってよかったと思います」と語った梶浦氏。

 続けて、来年6月15・16日に千葉・舞浜アンフィシアターで『Yuki Kajiura LIVE vol.#15』の開催が決定したこと(7~8月で名古屋・大阪・東京公演も実施)、新たなファンクラブ『FictionJunction Station』が今年10月1日発足すること、そして12月28日に東京国際フォーラム ホールAにて開催されるコンサート『Composers Summit Concert 2018』に、椎名豪氏、千住明氏(スペシャルゲスト)とともに出演することなど、ファンにとってうれしいニュースを立て続けに告知し、ひときわ大きな歓声に包まれながら記念すべきライブを締めくくった。

■FictionJunction Station
事前受付プレサイト https://fictionjunctionstation.com