りゅうちぇる、夜泣きや沐浴など育児に奮闘 頑張る妻・ぺこへ「もう一度、惚れ直した」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
育児に奮闘していることを明かしたりゅうちぇる(C)ORICON NewS inc.

 タレントのりゅうちぇる(22)が26日、東京・銀座三越で行われた『スヌーピー in 銀座 2018』イベントに出席。モデルでタレントのぺことの間に第1子が誕生してから約2週間が経ち、“夜泣き”や“沐浴”など育児を頑張っていることを明かした。

【写真】生まれたばかり・・・ぺこ&りゅうちぇるの第1子

 今年で記念すべき20回目を迎える同イベントのテーマは「めでたい三昧!」。そんな祝いの場に、今月11日にモデルでタレントのぺこ(23)との間に第1子となる男児が誕生したりゅうちぇるが、“めでたい”繋がりで応援に駆けつけた。すると、スヌーピーからサプライズでぬいぐるみをプレゼントされる一幕があり、りゅうちぇるは「本物もぬいぐるみもモフモフしてかわいいです! (こどもと一緒に)遊ばせたいです」とにっこり。

 ピーナッツの仲間で好きなキャラクターはルーシーだというりゅうちぇる。「少しぺこりんに似ている。小さいころから、ちょっと意地悪なちょっと気が強い子がかわいく見えてタイプなんです」といい、MCから「ぺこさんとは、運命の出会いだったんですね」と聞かれると「そうですね」と照れていた。

 第1子が誕生してから2週間で、現在の様子について「夜泣きもありますが、ぺこりんが頑張ってくれている。仕事が空いた時間は、30分、1時間でも自宅に戻ったりして、最近は沐浴なんかもしています。今までしたことのない生活で楽しいので、苦ではないです」と育児に積極的で父親の顔を見せつつ「お腹にいた時からすごく動いていて、生まれる瞬間まで動いていた。足の力が強くて蹴っ飛ばされたり、おしっこを飛ばしたりしますが、元気いっぱいです!」と笑わせた。

 自分をしっかり持った子に育ってほしいそうで「エコー写真の時から、ちょっと内股で『僕のDNAかな、これ?』とぺこりんと盛り上がっていた。生まれてきたら、内股ではなかったですが、この前授乳する際に急に小指を立ちだして『えっ! 内股の次は小指なんだけど!』と、僕に似ているというか、2週間なのにDNAヤバイ。小指が立っていて感動しました」と父・りゅうちぇるの遺伝が強く受け継がれていることを明かした。

 最後に妻のぺこに対して「ずっと二人で過ごしてきて、テレビ番組に出演してきた。楽しいこともつらいこともあったけど、ずっと2人で乗り越えてきた。1人家族が増えたことで、僕たちの中でも変化があった。ぺこりんは出産の時も今の育児も頑張っている。出産の日からもう一度、惚れ直しました。『ありがとう』と思います」と感謝の気持ちを述べた。

 『スヌーピー in 銀座 2018』は、オリジナルアートを使用した限定アイテムやグッズが多数登場。8月12日まで開催される。