黒肌ギャル集団『KOC』1回戦でパラパラコント 「エロスとお笑い」で2回戦進出に自信

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『キングオブコント(KOC)2018』1回戦に出場した黒肌ギャル集団「Black Diamond」の派生グループ「Black Diamond from2000」 (C)ORICON NewS inc.

 黒肌ギャル集団「Black Diamond」の派生グループ「Black Diamond from2000」が26日、都内で行われた“コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』1回戦に出場。得意のパラパラを駆使したネタ「渋谷ガングロ学園にやってきたおかしな仲間たち」で会場を沸かせた。

【全身ショット】ド派手なメイクと衣装で登場したBlack Diamond from2000

 同グループは、「Black Diamond」の中から「2000年からタイムスリップしてきたギャルサーメンバー」というコンセプトで誕生。ド派手なメイクと衣装で、1990年代後半から2000年代にかけて一世を風靡(ふうび)したコギャル・ガングロ文化を継承すべく、SNSでの情報発信や地方イベントへの出演、地道なサークル活動などを行っている。

 1回戦直後に行われた囲み取材で、リーダーのあおちゃんは「アウェイだと思っていたんですけど、けっこう前の方とか笑ってくれたので、手応えありじゃないですか」とにっこり。ほかの芸人たちとの違いも実感したようで「声大きいし、ウチらとは内容からして違うな、ちょっとナメていたなというのがあります」と素直に語った。

 1回戦突破に向けた戦略については「ウチらはハッキリ言って出オチなので、笑いでは、芸人さんよりスタートラインうしろなので、エロスとお笑いで、ちょっとおっぱいで媚びを売っていこうって感じです」とアピール。きょう夜には結果が判明するが「絶対受かっていると思います。全力でやったし、見た目的にもインパクト強いと思うし、1回戦くらいはパイで受からせてくれと。2回戦はもっと度肝を抜いたネタを考えます」と意欲をにじませていた。