アニメ『転生したらスライムだった件』10月放送決定 追加キャストに柳田淳一&小林親弘

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『転生したらスライムだった件』キービジュアル(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

 テレビアニメ『転生したらスライムだった件』が10月に放送されることが決定した。あわせて追加キャラクター&キャスト、東京と大阪でメインキャストが登壇する舞台あいさつ付き第1話&第2話先行上映会の開催が発表された。

【画像】 設定画やPV場面カットがズラリ

 原作は小説投稿サイト「小説家になろう」で累計4億PV、書籍がシリーズ累計550万部を突破した同名ライトノベル(作:伏瀬/イラスト:みっつばー)のコミカライズ版(講談社『月刊少年シリウス』連載中、漫画:川上泰樹)。通り魔に刺されて死亡し、気がつくとスライムの姿で異世界に転生していたサラリーマン・三上悟が、リムルというスライム人生を得て、「種族問わず楽しく暮らせる国作り」を目指す物語。獲得したスキルを駆使しながら、知恵と度胸で仲間を増やしていく。

 追加キャストとして、大鬼族(オーガ)の里から逃げてきたベニマルたちの仲間で、刀鍛冶の技術を持っているクロベエ役を柳田淳一、牙狼族のボスの息子で、巨大な体と額から突き出した角が特徴の妖獣・ランガ役を小林親弘が務める。

 発表された舞台あいさつ付きの先行上映は、9月17日に東京・新宿バルト9、9月29日に大阪・梅田ブルク7で開催。東京会場は岡咲美保、花守ゆみり、古川慎、M・A・O、江口拓也、大阪会場は岡咲、花守が出演する。チケットの先行抽選販売の受付けは、「チケットぴあ」で26日午後6時から8月5日まで。一般販売は8月11日午前10時から。

■スタッフ情報
監督:菊地康仁
副監督:中山敦史
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:江畑諒真
モンスターデザイン:岸田隆宏
音楽:Elements Garden
アニメーション制作:エイトビット

■キャスト情報
リムル:岡咲美保
大賢者:豊口めぐみ
ヴェルドラ:前野智昭
シズ:花守ゆみり
ベニマル:古川慎
シュナ:千本木彩花
シオン:M・A・O
ソウエイ:江口拓也
ハクロウ:大塚芳忠
クロベエ:柳田淳一
ランガ:小林親弘
ミリム:日高里菜