片渕須直監督『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』12月公開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』12月より劇場公開(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 2016年11月12日の劇場公開以来、1日も途絶えることなく映画館での上映を続けているアニメーション映画『この世界の片隅に』。同作に新規場面約30分を付け足した別バージョンが、12月よりテアトル新宿・ユーロスペースほかで劇場公開されることが明らかになった。タイトルは『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。片渕須直監督によるタイトル案を、原作者のこうの史代氏が快諾して決定した。

【動画】『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』特報

 片渕監督が「原作にはまだまだ魅力的なエピソードがあり、それを描き足すことによって主人公のすずさんだけではない、“さらにいくつもの人生”を描き出したい」と考え、別バージョンの制作に至った。

 新規シーンの絵コンテは通常のアニメ作品と同じように、企画当初から存在はしていたものの、本バージョンでは、それらを見直しながら復活させ、さらに新たなカットを追加。これまでの現行版とは、一部主題も変わってくるため、別の題名をつけた“もう一本の映画”として制作された。

 本作では、主人公すずと、すずが嫁ぎ先の町で初めて出逢う同世代の女性リンとの交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソード、さらに妹すみを案じて過ごす中で迎える20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加されている。新しい登場人物や、これまでの登場人物の別の側面なども描かれ、彼女たちの心の奥底で揺れ動く複雑な想いが描き出していく。

 片渕監督自らが制作した特報映像では、コトリンゴが歌う「悲しくてやりきれない」の歌に乗せ、指につけた紅によってリンさんの横顔が描かれていきます。さらに「リンさんをさがして。そう、うちの声が言うのが聞こえた…」というすずの声が新たに収録されており、より深い物語を予感させる作りとなっている。

 前作に引き続き主人公・すず演じるのは、のん。今やアーティスト、ミュージシャンとしての活躍も目覚ましいのんは、2016年の公開以来、片渕監督と二人三脚で『この世界の片隅に』を世界中に届け続けて来た。また音楽を担当するのは、こちらも前回に引き続き、シンガー・ソングライターのコトリンゴ。今作でも主題歌を含む全ての劇中曲を担当し、新曲も制作予定。

■片渕須直監督のコメント

 戦争しおってもセミは鳴く。ちょうちょも飛ぶ。そして、人には人生がある。
それが戦争中であっても。明るくぼーっとした人のように見えるすずさんが自分以外の「世界の片隅」と巡り合うとき、すずさんの中にはどんな変化が生まれるのでしょうか。すずさんの中にあったほんとうのものを見つけてください。