第2弾TVドラマ化も発表 『下町ロケット』最新刊が1位初登場

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
池井戸潤『下町ロケット ゴースト』(小学館/7月20日発売)

 今週発表の最新7/30付BOOKランキング(集計期間:7月16日~7月22日)では、池井戸潤『下町ロケット ゴースト』(小学館/7月20日発売)が、週間売上3.9万部で初登場1位を獲得。『陸王』(集英社/2016年7月発売)以来、通算5作目の同ランキング1位となった。

【写真】ドラマ製作所出演メンバー

 本作は、2015年10月期にTBSでTVドラマ化もされた池井戸潤のヒットシリーズ『下町ロケット』の最新作第3弾で、倒産の危機や多くの困難に立ち向かってきた大田区の町工場「佃製作所」に、またしても予期せぬトラブルが起こり、社長の佃航平や社員たちが奔走する姿が描かれている。

 先週7月18日には今秋10月クールでの第2弾TVドラマ化が発表。また本作の続編となる第4弾『下町ロケット ヤタガラス』の今秋発売も発表されており、今後のセールスにも期待が高まる。

 なお今週付文庫ランキングでは第2弾『下町ロケット ガウディ計画』が3週連続のTOP10入りとなる10位にランクインしている。

 そのほか今週のBOOKランキングは、荒木飛呂彦の人気コミック『岸辺露伴は動かない』の短編小説集『岸辺露伴は戯れない 短編小説集』(原作:荒木飛呂彦・/著:北國ばらっど,宮本深礼,吉上亮/集英社)が3位に、女優・吉岡里帆の写真集『吉岡里帆写真集 so long』(集英社)が8位に初登場している。