西野カナ、10周年で47都道府県ライブ達成「みんなに夢をかなえてもらいました」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
10周年記念のホールツアーを終えた西野カナ

 歌手・西野カナが25日、北海道・札幌のニトリ文化ホールでデビュー10周年を記念した全国ホールツアー『LOVE it Tour』のファイナルを迎えた。

【ライブ写真】ネコの衣装で「ニャン♪」ポーズ

 これまでツアーでは行ったことのなかった場所を中心に全国23ヶ所(そのうち20ヶ所が初開催)を回り、ホールツアーとしては自身最多の計26公演。このツアーによって47都道府県すべての場所でのワンマンライブを達成し、冒頭のMCでは「日本で行ったことがないとこがないってすごいよね! 今年も一つの夢がかなってうれしいです!」と声を弾ませた。

 昨年11月発売のアルバム『LOVE it』を引っさげたツアーは、“いいね!”の意味が込められたタイトルにちなみ、『街にあふれる“いいね”』がテーマ。メインのセットにはヨーロッパ風のフォトジェニックな街並みを再現し、ホール規模では異例のセット転換も行われた。衣装も合計10着を着用し、魔法のような早着替えなどでも楽しませた。

 西野は2000人の観客に向け、「2月20日でデビュー10周年を迎えました。ありがとうございます。この10年、振り返ってみるとあっという間でした。何よりも幸せなことだなぁと思うのは、この10年みんなと一緒に時を刻んでこれたことです」と感謝。

 続けて「みんなの毎日の中にいられるような歌を歌うことが、私が音楽を始めたときからの夢でした。うれしかったとき、悲しかったとき、何かに挑戦しようと思ったとき、恋をしたとき、恋に破れたとき、みんなの大切な思い出の一個一個に、私も一緒に交ぜてもらったような気持ちです。みんなにいっぱい夢をかなえてもらいました。これからもみんなのことを友達のように思っているので、よろしくお願いします!」とあいさつし、会場は温かい拍手に包まれた。

 8月末からは全国アリーナツアー(6ヶ所12公演)をスタート。9月12日には映画『3D彼女 リアルガール』主題歌シングル「Bedtime Story」の発売も決まっており、精力的な活動が続く。

■西野カナからのコメント
このツアーで無事に47都道府県、全県ワンマンライブを達成することができました。
ひとつひとつの会場で濃い思い出がありますが、全県達成というのは自分でも信じられないというか、実感はあまり湧きません。なにより日本全国の皆さんと同じ時間を共有できたことが、とてもうれしくて、感謝の気持ちでいっぱいです。

全国周ってみて面白かったのは、自由に話しかけてくる会場があったり、控え目な会場があったりと、その土地ごとに県民性を感じたり、方言を教えてもらったり、その土地で有名なCMソングを皆で合唱したり、会場ごとに沢山の思い出を作ることができたことです。私は和菓子が大好きなんですけど、その土地ごとに有名な和菓子を食べるのも楽しみのひとつでした。

8月末からは全国アリーナツアーがスタートするので、また全国の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています! 今年はデビュー10周年なので、全国の皆さんにごあいさつしながら、まだまだ沢山の思い出を一緒に作りたいと思います。

■全国アリーナツアー2018『LOVE it Tour ~10th Anniversary~』
8月28日(火)・29日(水):大阪・大阪城ホール
9月1日(土)・2日(日):福岡・マリンメッセ福岡
9月8日(土)・9日(日):兵庫・神戸ワールド記念ホール
9月14日(金)・15日(土):愛知・日本ガイシホール
9月22日(土)・23日(日):埼玉・さいたまスーパーアリーナ
10月9日(火)・10日(水):神奈川・横浜アリーナ