肌がキレイな女性が最も多い県は? 66万人の肌データに基づいてランキング

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
7月28日放送『ふるさとのジュンバン』出演者(左から)澤部佑、あき竹城、紫吹淳、柴田理恵、大下容子アナウンサー(C)テレビ朝日

 全国47都道府県すべてに店舗を持つ大手化粧品メーカーが、店にやってきた女性たち66万人の肌データに基づいて、“肌がキレイな女性が最も多い県はどこか”分析し、ランキングを作成。その結果が、28日にテレビ朝日で放送されるスペシャル企画『ふるさとのジュンバン』(後2:55~4:25)内で発表される。

【写真】『ふるさとのジュンバン』収録の模様

 住んでいる場所の地形や気候は、肌に大きな影響を与えている。「シワができにくい」「キメが整っている」「毛穴が目立たない」など、8つの項目に注目して都道府県別に掘り下げていくと、意外な結果が浮かび上がってきた。No.1美肌県の栄冠に輝くのはどの県なのか。そして、その美肌の理由は!?

 番組では、ほかにも「銀座の名店が使っている、おいしい食材の産地ランキング」「人生の楽園を見つけられる県ランキング」を発表。

 「食材の産地ランキング」では、東京・銀座の100に及ぶ名店を調査。多くの店が使っているおいしい食材のNo.1産地を集計した。取り上げる食材は、鯛、トマト、卵、牛肉の4つ。それぞれの食材で、銀座の名店が採用している産地はどこなのか。銀座の一流シェフたちが使う、こだわり食材を紹介する。

 「人生の楽園ランキング」は、今年放送19年目を迎えた、同局の人気長寿番組『人生の楽園』(毎週土曜 後6:00)895回のオンエアの中で登場頻度が高く、憧れのセカンドライフを実現するのに最適な都道府県を集計して発表する。このブロックでは、『人生の楽園』で案内人を務める西田敏行、菊池桃子もVTRで登場。石田純一・東尾理子夫妻がナレーションを担当する。実際にその土地に移住した人々の充実した暮らしぶりや各自治体の移住者への支援施策なども取材し、第二の人生を夢見る人にとって耳寄りな情報も盛り込む。

 スタジオゲストは、山形県出身のあき竹城、埼玉県出身の澤部佑(ハライチ)、富山県出身の柴田理恵、群馬県出身の紫吹淳。進行役は広島県出身の大下容子アナウンサー。

 「楽しくてタメになる番組なのでぜひ皆さんに観ていただきたいです」(あき)、「ランキングを通して、自分の知らなかった地元の新たな魅力も発見できると思います」(澤部)、「自分の県のどんなところがよくて、どんなところがイマイチか、はたまたどんな県になっていってほしいか…などが見えてきそうな番組です」(柴田)、「意外なランキングだけど納得できちゃう、楽しい番組です。美肌ランキングなんて興味津々でした! あなたの県はいったい何位? ぜひ、ご覧ください!」(紫吹)と、それぞれ見どころを語っている。