還暦の久本雅美、初主演映画は“芸人封印” 監督から「らしさを出すな」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
主演映画『イマジネーションゲーム』初日舞台あいさつに登壇した久本雅美 (C)ORICON NewS inc.

 タレントの久本雅美(60)、歌手で女優の板野友美(27)が28日、都内で行われたW主演映画『イマジネーションゲーム』の初日舞台あいさつに出席。先日、還暦を迎えた久本は、芸能人生で“初”となる主演映画が公開され「大きな画面に自分が出ることが感動的です」と目を輝かせた。

【写真】板野友美らそのほかの登壇者

 同作で久本が演じる早見真紀子は、大手ゼネコンに勤務するエリートキャリアウーマンで、仕事一筋の独身。そんな早見には人には言えない秘密があった。それは街中に下着を隠し、ヒントを頼りに下着を探させる「真夜中のパンティ探し」というサイトのカリスマ的な女神であるということ。そんなある日、早見は公園で野宿しようとしている葵(板野)と出会う。葵は、夫の留守中に隠れてこっそり復讐する「夫への復讐サイト」のカリスマ的なブロガーであった…。

 共演の板野、仙石みなみ(27)らと「楽しい現場だった」と振り返った久本。エリートキャリアウーマンという“真面目”な役どころに、畑泰介監督からは「久本雅美らしさを出すなって…」と“芸人魂”を封印されたそうだが「笑いを欲しがっちゃうというか、ちょっと気を抜くと歯ぐきが出ちゃいそうになっていた」と明かして、劇場を沸かせた。

 また、映画タイトルにちなみ「別の人生をイメージするなら?」と問われた久本は「ファッションが大好きなので、洋服関係の仕事をしていたと思う。口が達者なので、やり手の売り子になれていたかな」と笑顔。板野も「動物が好きなので、動物と働ける仕事についていたかな」と願望を語っていた。

 その後も撮影秘話に花を咲かせ、久本は撮影で発揮できなかった笑いをここぞとばかりに盛り込んだ。一方で、板野は劇中で披露した入浴シーンが「人生で初めて」と明かすと、男性客たちからこの日一番の拍手が起こっていた。