「ミスマガジン」特別賞2人がグラビア飾る キュートなビキニ姿を披露

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『週刊ヤングマガジン』35号に登場した佐藤あいり(C)LUCKMAN、佐藤佑一 /ヤングマガジン

 30日発売の『週刊ヤングマガジン』第35号(講談社)の巻末グラビアに、先日発表された「ミスマガジン2018」で「審査員特別賞」の佐藤あいり(21)と「読者特別賞」の池松愛理(21)のソログラビアが掲載された。

【別カット】池松愛理は白肌眩しいビキニ姿を披露

 同コンテストは1982年から始まり、今年で36周年と雑誌業界で最も歴史のあるミスコン。初期には女優の斉藤由貴や細川ふみえなどを輩出。以降も中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩(乃木坂46)など、現在も最前線で活躍する女優・モデル・アイドルが多数誕生している。体制やシステムの見直しのため2011年から休止され、今年7年ぶりに復活した。

 佐藤は、きれいなお姉さんルックスとかわいらしい宮崎弁のギャップで、読者と審査員のハートをキャッチ。身長166・バスト85・ウエスト60・ヒップ88センチという健康的な美ボディで、今後のグラビアでの活躍を大いに期待させる。

 一方の池松は、サバイバルオーディション番組『ラストアイドル』のセカンドユニット「Good tears」のリーダーを務める本格派アイドル。身長163・バスト83・ウエスト57・ヒップ83センチというスレンダーボディとクールなルックスながら、今回のグラビアでは親近感たっぷりの笑顔とキュートなビキニ姿をたっぷりと披露した。

 また、同号の表紙には放送中のスーパー戦隊ヒーローシリーズ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に出演する女優の奥山かずさ(24)が登場。日曜朝のヒロインを務める正統派美人が、同誌初登場にして表紙を飾り、堂々と水着姿を見せつけた。

 同号の巻頭カラー漫画は、実写映画化が発表された『アルキメデスの大戦』(三田紀房)。