『幽☆遊☆白書』新作アニメ先行カット&アフレコ集合写真公開 10・6に最速上映会開催

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新作アニメーションの先行カット(C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年(C)ぴえろ/集英社

 アニメ『幽☆遊☆白書』(幽遊白書)の25周年を記念したBlu-ray BOX最終巻に収録される完全新作アニメーションの先行カットとアフレコ集合写真が29日、公開された。あわせて、10月6日に東京・TOHOシネマズ新宿で最速上映会の開催も決定した。

【集合写真】千葉繁、緒方恵美らが豪華声優陣がズラリ

 完全新作アニメーションは、蔵馬と飛影の出会いを描いた幻の外伝「TWO SHOTS」と原作コミックス最終巻収録の「のるか そるか」。10月26日に発売されるBlu-ray BOX最終巻『幽☆遊☆白書 25th Anniversary Blu-ray BOX 魔界編』に収録されるもので、幽助、桑原、蔵馬、飛影はもちろん、ぼたんの姿が描かれた先行カットが公開された。

 Blu-ray BOXを発売を記念した新作アニメーションの最速上映会では、「TWO SHOTS」と「のるか そるか」のほかに、テレビシリーズの第1話上映とトークショー(登壇者未定)も行われる。

 また、「TWO SHOTS」と「のるか そるか」のアフレコを終えて、メインキャストを務めた4人からそれぞれコメントも寄せられた。

■浦飯幽助役 佐々木望
 新作アニメーションアフレコをしてきました!動く幽助たちとしばらくぶりに会えたこと感慨無量です。桑原、蔵馬、飛影、螢子、ぼたん、幻海ばーさん、雪菜、コエンマ、プー、みんな達者で活躍してます。スタッフさんも気合い入ってます。25年来『幽白』LOVEなかたも、近年あらたに『幽白』LOVEなかたも、皆さんマジで楽しみにしていてください!

■桑原和真役 千葉繁
 あれから何十回地球太陽周りを回っただろうか…と収録現場へと向かう…。しかし、スタジオに足を踏み入れた瞬間、あれ? 先週も収録じゃなかったっけ?? と思えるほどに当たり前の空気が私の身体を包み込む。ん? 何だこの心踊る感覚は?…そうだ『幽☆遊☆白書』だぁ!沸き立つ血潮だ桑原だぁ〜〜〜雪菜さ〜〜〜〜ん!!よ〜し、やったるぜぇ!!と鼻息全開の私を、若い声優たちが横目で見つつ、「わたしぃ〜、小学生時に観てましたぁ〜」とか、「そのころ、霊界で迷ってました」、「え? すみません、全然知りませんでした…」とか言っているを聞いて、あ〜、やはり今の若者にとっては歴史の一部なのか? と前頭葉がツ〜ンとくるような寂しさに襲われました…がぁぁ! アフレコが始まるやいなや、抗うことのできない強烈な波動がスタジオ隅々まで充満してくるでないか! こ、これだぁ〜〜! ぐわっはっはっ〜〜戦争を知らない若人たちよ! 刮目せよ! この血肉湧き踊る世界! 友情! そして一途な愛! これこそがあ伝説『幽☆遊☆白書』なだぁ〜〜〜〜〜〜 (^ω^)

■蔵馬役 緒方恵美
 まさか25年経って、もう一度蔵馬を演じる日がこようとは…! とてもうれしく、感慨深かったです。「何百年も生きている怪」なため、見かけは高校生でも、中身は老成している蔵馬。デビュー作だったのもあり、当時は自分の中身がこども過ぎていっぱいいっぱいでしたが、そういう意味では今の方が、少しは年齢が近くなっているので……年月が経ってからもう一度な作品を演る時にありがちな「若くあらねば」という呪いがあまり必要なく、良かったなあと思います(笑)。中学生版・南野秀一も、テストですぐOKが出て、ホッとひと息(笑)。阿部監督・萩野P、そしてほとんどのメンバーが集結したアフレコは、久々とはとても思えないほど、あの頃のままで……この場が、この作品が私自身の、もうひとつ「青春」であり、今に続いている原点だと、改めて思い知りました。「今日のサヨナラは未来のはじまり」(蔵馬の歌)。皆様に、愉しんでいただけたら幸いです。

■飛影役 檜山修之
 最近ゲーム音声として飛影を演じる機会はあったのですが、アニメ映像に声を当てるのは久しぶりだったで本当に楽しかったです。更に共演者の皆さんともキャラクターを通しての再会ができ、ちょっと変わった同窓会の雰囲気でした。当時のファンの皆さんは我々と同じような懐かしさを、新しいファンの皆さんは、今の『幽☆遊☆白書』の世界を楽しんで下さい。