『スター・ウォーズ:エピソード9』レイアも登場 キャスト発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画「スター・ウォーズ」シリーズでレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーさん(右)。左はルーク役のマーク・ハミル(C)ORICON NewS inc.

 人気映画シリーズ『スター・ウォーズ』(2019年12月公開)の新たな3部作の最終章「エピソード9」の撮影が、8月1日から英ロンドンのパインスタジオで開始されるのを前に、主な出演者が発表された。シリーズ1作目からレイア・オーガナを演じ、2016年12月に急逝したキャリー・フィッシャーさんも本作に登場することが明らかに。新たな3部作の第1章『フォースの覚醒』(2015年)のために撮影していて未公開の映像を生かす方針だ。

【場面写真】『スター・ウォーズ』若き日のレイア姫

 本作の監督には、『フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムスが復帰。脚本はエイブラムス監督と脚本家のクリス・テリオ(『アルゴ』、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)が共同執筆する。

 前作からの続投メンバーは、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、ドーナル・グリーソン、ケリー・マリー・トラン、ヨーナス・スオタモ、ビリー・ラード。

 新キャストとして、ナオミ・アッキー、リチャード・E・グラント、ケリー・ラッセルが名を連ね、旧3部作から、マーク・ハミル、アンソニー・ダニエルズ、そしてビリー・ディー・ウィリアムズがランド・カルリジアンの役をもう一度演じる。

 「私たちはキャリーのことが大好きだ」とエイブラムス監督。「彼女なしでこの伝説に本当に納得のいく結論を見つけることはできない。代役はありえない、CGキャラクターを使うこともない。キャリーの娘であるビリー・ラードも賛同して協力してくれた。『フォースの覚醒』で撮った未公開映像を使うことによって、『エピソード9』にもレイア役でキャリーの出演がかなって光栄です」。

 音楽は、シリーズ第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)からスター・ウォーズ音楽を手がけてきたジョン・ウィリアムズが担当することや、主なスタッフ陣も発表された。