TOKIO城島、新婚&女児誕生の競泳・瀬戸大也選手に「うらやましい」と本音!?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
8月4日放送、テレビ朝日系『週刊ニュースリーダー』=競泳・瀬戸大也選手の練習やプライベートに、MCの城島茂(TOKIO)が迫る(C)テレビ朝日

 TOKIOのリーダー・城島茂が、メインMCを務めるテレビ朝日系土曜朝の生放送情報番組『週刊ニュースリーダー』(前6:00~8:00)。このほど、競泳の瀬戸大也選手を取材で、「料理が上手」という瀬戸の妻や、6月に誕生した愛娘のことなど、プライベートの話題に、城島は思わず「うらましい」と本音(!?)を漏らした。「瀬戸選手のライバルは萩野公介選手ですが、僕のライバルは…そうですね、同じグループの最年長同士で独身、ということになるとV6の坂本(昌行)君ですかね(笑)」とも話していた。

【写真】城島が「ライバル」と名指しした坂本昌行

 8月4日放送の同番組で、城島自らスタジオを飛び出し、さまざまなジャンルのリーダーを取材するコーナー「ニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝」に、『パンパシ水泳2018』(8月9日開幕、競泳:東京辰巳国際水泳場、OWS:千葉県館山市北条海岸)に出場する瀬戸が登場。『パンパシ水泳』直前のトレーニング風景を公開する。プールサイドでの体幹を鍛える基礎トレーニングには城島も挑戦。さらにチューブを使って泳ぐパワーを養うトレーニングでは、チューブを手にして瀬戸の泳ぎを体感し、メダリストのスピードとパワーを直に感じて、城島も目を丸くしていた。

 トークでは、水泳を始めたきっかけから個人メドレーのライバル、萩野公介への思い、そして新妻と6月に生まれた娘との幸せな日常などプライベートの話まで。城島がパンパシ水泳から東京オリンピックでメダルを狙う瀬戸のすべてを引き出していく。

■瀬戸のパワーは東京湾のサメと同じ⁉︎ 体幹トレでは指輪が気になり…

 競泳選手のトレーニングはとにかくプールで泳ぐこと。城島は瀬戸の泳ぎをカメラに収めようとポールの先につけた小型水中カメラを手にプールサイドで瀬戸を追いかける。「普通の速さで泳ぐのでつまずかないように」と優しく声をかける瀬戸だったが、それでも城島はなかなかついて行けない。「ものすごく速い」と早くもトップアスリートのスピードを体感すると、今度は瀬戸の提案でチューブをつけて泳ぐパワー強化のアシストをすることに。

 プールサイドで城島は瀬戸の体につけたチューブを持つと、瀬戸は5秒間全力で泳ぐ。10秒休んで、また5秒泳いで…を繰り返す瀬戸。泳ぐたびに城島は体がぐらつき、プールに引っ張り込まれないよう必死で踏ん張った。あまりのパワーに城島は「東京湾でサメがかかった時と同じぐらいの力」と目を白黒。試合の実況中継などでは伝わらないスピードとパワーを城島が体感したことで、そのすごさが改めて視聴者にも伝わるに違いない。

 プールから上がると、今度はプールサイドで自重を使ったサスペンショントレーニングの一種、TRXで体幹を鍛えるトレーニング。ベルトのようなものでバランスをとりながら体を支える、一見簡単そうに見えるトレーニングだが、実際にやってみた城島は「うわっ」と悲鳴を。とはいえ、真似をしようと瀬戸の姿勢を見る城島は、「すみません、さっきから左手の指輪に目が行ってしまって」と何やら別の理由で落ち着かない様子。それでもしっかりと体感すると「腰から全身にきますね」と地味な動きながら、その絶大な効果に驚きを隠せない様子だった。

■心温まるプロポーズのエピソードに、思わず「いいなぁ」の本音も

 6月に生まれた娘さんへのプレゼントとして水着をプレゼントした城島。受け取った瀬戸は「かわいいですね。これで水泳を教えます」とうれしそう。実は元飛込み選手の優佳夫人とは娘の体力作りに水泳を教えようと話しているとか。「妻は飛込みよりは競泳の選手になって欲しいようですが、本人が嫌なら違う道でも構いません」と父親の顔をのぞかせる瀬戸。家に帰ると娘さんに癒され「パワーをもらっている」そうだ。

 瀬戸が優佳夫人と結婚したのは昨年10月。知り合ったきっかけを尋ねると、なんと小学校高学年の頃に通っていた同じ系列のスイミングスクールのパンフレットの写真を見て「かわいい」と思ったのが最初だったとのこと。これには城島もびっくりだったが、そこから初めて彼女と出会い、そして結婚にたどり着くまでを告白する。

 中でもプロポーズについては、萩野、MLBの大谷翔平と食事をする機会があり、そこでアドバイスを受けたとか。それは大也という名前にかけてダイヤモンドを使ってのプロポーズで、ダイヤの指輪に自分の顔写真を貼って渡したそうです。そんなエピソードをプールサイドで聞いた城島は「いいなぁ、ここで(プールに)飛び込んで帰ってもいいですか」とうらやましさをジョークで表現していた。

■城島茂のコメント

 今回、実際にメダリストの泳ぎを拝見して映像とは大違い、その速さにびっくりしました。アスリートの生の迫力は実際に会場で見なければいけませんね。すごいオーラを感じました。そして何より瀬戸選手の胸筋がすごい。女性アナウンサーがキャーキャー言うのもわかります(笑)。

 チューブを引っ張るトレーニング方法は初めて知りました。一流ならではの鍛え方ですね。あの引きの強さはサメです。漁で3メートル級のサメをあげたことがあるのですが、その時と同じでしたね。

 瀬戸選手はアスリートとして、一人の男性として充実して安定されている、という気がしました。お子さんも生まれて幸せなんだろうな、うらやましいなと(笑)。この勢いで『パンパシ水泳』からステップアップして『東京オリンピック』まで頑張って欲しいです。

 今回のロケでは瀬戸選手がプライベートの部分も語ってくださいましたし、僕はそれだけ大ファンになりました。皆さんもご覧になって瀬戸選手を応援するきっかけにして欲しいですね。

■瀬戸大也選手のコメント

 TRXを使って体幹を鍛えるトレーニングを城島さんにも体験していただきましたが、ポジションを取るだけでもキツイはずですが、しっかりと対応されていました。ご本人は「2回まで」とおっしゃっていましたが(笑)、僕は結構イケるかも、と思いました。

 トレーニングを体験してもらうのも初めてで、テレビでチューブを引っ張ってもらうのも初めてです。泳いでいる自分は見えなかったので、城島さんがどういう感じかオンエアで見させてもらいます(笑)。以前、チームメイトにチューブを引っ張ってもらってプールに落としたことはありますが、もっと引っ張れるように頑張りたいです。

 今回はトレーニングを見ていただきましたが、アスリートは練習あっての試合ですので。この番組で興味を持っていただいて試合会場に来ていただければ、僕はうれしいです。泳いでいるときは声援は聞こえませんが、皆さんの声援がパワーになりますので。水泳の国際大会が日本であるのはあまりないことですし、ぜひ会場に来ていただきたいですね。

■放送局
テレビ朝日・秋田朝日放送、瀬戸内海放送、九州朝日放送、新潟テレビ21、福島放送、長野朝日、静岡朝日、熊本朝日、北陸朝日、広島ホーム、鹿児島放送