世耕弘成大臣も参加、『よしもと流プレミアムフライデー』キャンペーン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ルミネtheよしもとのステージに立った経済産業省・世耕弘成大臣

 吉本興業が"特別な金曜日をとことん笑って楽しもう!"をスローガンに、月末の金曜日(プレミアムフライデー)をより有意義に過ごすことを提案する『よしもと流プレミアムフライデー サマーキャンペーン2018』トークイベントが7月28日、東京・新宿のルミネtheよしもとで開催され、トータルテンボス(藤田憲右・大村朋宏)、パンクブーブー(佐藤哲夫・黒瀬純)、ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)、ミキ(亜生・昴生)、和牛(水田信二・川西賢志郎)ら吉本芸人に加えて、スペシャルゲストとして、経済産業省・世耕弘成大臣が登壇した。

【写真】トークイベントに登壇した芸人たちの集合カット

 ステージに呼び込まれた世耕大臣は、「吉本興業のみなさんにも大変ご協力いただき、本当にありがとうございます」とあいさつ。同キャンペーンについて意見を求められた世耕大臣は、「企業にも(早く退勤できるように)お願いしています。少し早く会社を出て、劇場に来て、プレミアムなお笑いライブを楽しんで消費をしていただきたい。(プレミアムフライデーは)そういう企画です」と呼びかけた。

 トークイベント終了後に和牛の水田は、「『和牛のモーモーラジオ聞いてますよ』と言われました。一緒に経済を盛り上げていきましょうっていう話もしました」とマスコミに語り、「ウソをつくな!」と川西ほか芸人たちからツッコまれていた。