V系演歌歌手・最上川司、新曲発売で「故郷を思う気持ちを呼び起こす」 紅白も意欲

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ニューシングル「司の冷たい肉そば音頭」のヒット祈願イベントに出席した最上川司 (C)ORICON NewS inc.

 ビジュアル系演歌歌手の最上川司が30日、東京・烏森神社で行われたニューシングル「司の冷たい肉そば音頭」のヒット祈願イベントに出席。1年9ヶ月ぶりに新曲を発売し、自身の夢である年末の紅白歌合戦出場へ意欲を見せた。

【全身ショット】肉そばポーズをとるビジュアル系演歌歌手最上川司

 山形県河北町出身で名物「冷たい肉そば」が大好きな最上川。お持ち帰り用の同商品を開発中で、そのテーマソングとなる同曲が完成し「『冷たい肉そば』は小さいころから大好きで、世の中に広まってほしい思いもあって歌詞を書かせていただきました」と説明。「(歌詞は)故郷に関するワードがたくさんあって、みなさんの中にある『故郷を思う気持ちを呼び起こしたい』という意味も込められています。この夏祭りのシーズンもそうですが、歌って踊っていただけたらと思います」と明かした。

 また、開発中の商品については「肉そばと聞くと牛とか肉を思い浮かべると思うのですが、これは鶏肉で親鳥を使用しています。ハマっちゃいそうな肉そばになると思います」と曲と一緒にアピールした。

 ヒット祈願を行った同神社は、芸事や美容(ビジュアル系)にご利益があるとされており「祈願中は、曲のヒットもそうですがファンのみなさんと寄り添えるように願っていました。気持ちが高ぶって来ました!」とファンとともに今後も頑張って行くと宣言。さらに、紅白歌合戦出場に向けて「僕の夢は、その(紅白歌合戦)ステージ。みなさんの力でやっと1年9ヶ月ぶりにニューシングルを出せた。この勢いを大事にして夢のステージに近づけたらいいなと思います」と意気込んだ。