配信ドラマ版『銀魂』ビジュアル&予告編解禁 堂本剛の主題歌も使用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
dTVオリジナルドラマ『銀魂2 –世にも奇妙な銀魂ちゃん-』メインビジュアル(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)2018 エイベックス通信放送

 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)と連動し、8月18日午前0時から映像配信サービス「dTV」で配信開始となるオリジナルドラマ『銀魂2 –世にも奇妙な銀魂ちゃん-』のメインビジュアル&予告編が解禁された。

【動画】配信ドラマ版『銀魂2』予告編

 メインビジュアルには、主演の坂田銀時役の小栗旬をはじめ、ドラマ版初参戦となる神楽役の橋本環奈、前回から引き続き出演する、土方十四郎役の柳楽優弥、近藤勲役の中村勘九郎、沖田総悟役の吉沢亮のメインキャスト5人が勢ぞろい。予告編では、福田雄一監督が直接オファーし実現した、堂本剛プロジェクト「ENDRECHERI」が歌う本作の書き下ろし主題歌「one more purple funk... -硬命 katana-」が初解禁された。

 主題歌は、福田監督からの「今回のドラマ版『銀魂2』は、ギャグのエピソードが中心になる予定で、とても面白いものになりそうなので、ぜひ本気なものを作ってほしい」というリクエストのもと、剛が「“高杉晋助”の世界を表現したいと思い作った」と言っているとおり、映画『銀魂2』で剛が演じる高杉晋助を彷彿とさせる、妖艶さが印象的なメロディーに仕上がっている。

 キャッチコピーに「禁断のエピソード、完全映像化!」とあるように、今回の配信ドラマ版では、全3話ともすべて原作ファンの間で人気の高いギャグエピソードを映像化。敢えてギャグを感じさせないビジュアルと予告編で、本編とのギャップを狙っているようだ。

 先日、メーテル役で出演することが発表された山本美月と同じく、『銀河鉄道999』の登場人物でもある鉄郎役として、矢本悠馬の出演が決定。この『銀河鉄道999』のキャラクター2人は、原作には登場していないドラマ版オリジナルキャラクターとなる。

 また、山崎退を演じる戸塚純貴も昨年に引き続き出演が決定。2017年に配信された『銀魂-ミツバ篇-』にドラマ版オリジナルキャラクターとして登場し、物語の中で重要な役割を果たした山崎。映画『銀魂2』にも登場することになったせいか、今回のドラマ版での出番はごくわずか(ほとんど出てないといってもいいレベル)で、髪型も前作のアフロではなく普通の髪型になっているそう。“どこにいるのか探すのを楽しむ”くらいの気持ちで、山崎の登場シーンにも注目だ。