篠原涼子、小室哲哉との22年ぶり再タッグに感慨「衝撃的な運命を感じる」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『SUNNY(サニー)強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した篠原涼子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の篠原涼子(44)が30日、都内で行われた映画『SUNNY(サニー)強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。同作では1月に芸能界からの引退を表明した音楽プロデューサー・小室哲哉氏(59)が、劇伴24曲を完全オリジナルで制作。長いキャリアの中で“最後”の映画音楽を手掛けた小室氏と、22年ぶりに仕事を共にした篠原は「すごく衝撃的な運命を感じる」と感慨深げな表情を浮かべた。

【写真】広瀬すずらもカラフル衣装で登壇

 篠原と小室氏といえば、1994年に「篠原涼子 with t.komuro」として発売したシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」を大ヒットさせたコンビ。映画の舞台となる90年代を駆け抜けた2人が、22年ぶりに、主演女優&音楽担当として再タッグを組むこととなり、篠原は「本当に感謝している。またこういう形でご一緒できることにご縁を感じています」とほほ笑んだ。

 同作は、日本でもリピーターが続出し異例のロングランヒットとなった韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を、『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督がリメイク。かつての仲間=“SUNNY(サニー)”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美を篠原、奈美の高校時代を広瀬すずが演じ、現在のサニーメンバーを板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、90年代に青春を謳歌した高校時代のサニーメンバーを池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生らが演じる。

 主人公の“大人時代”役の篠原は、“高校時代”役の、広瀬すず(20)と、同一人物を演じたことに「恐れ多い…」と恐縮しきりで「広瀬すずちゃんが私の過去を演じると聞いて、本当に『広瀬すず似の整形してください』と言おうか、監督に『お金をかけてCG加工してください』と言おうか、悩んだ」とジョークを飛ばしていた。

 大先輩から称賛を受けた広瀬も「いえいえ、そんな…」と謙そん。撮影時を振り返りながら「どうやったら篠原さん(大人時代の主人公)とつながるのか、心配になるくらい弾けた演技をしちゃった」と、同一人物を演じる難しさを吐露していた。