中村倫也、初著書が発売前重版 重量930グラムに旬の俳優の全てが凝縮

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
発売前重版が決まった「中村倫也 最初の本『童詩(わらべうた)』」

 俳優の中村倫也の初著書「中村倫也 最初の本『童詩(わらべうた)』」が、8月1日の発売を前にして、早くも重版が決まった。初版1万8000部に重版分1万2000部で、累計発行3万部で発売日を迎えることになる。

【誌面カット】さまざまな表情を見せた中村倫也

 また、本書の重量が930グラムもあることが明らかに。オールカラー208ページの大ボリュームで、旬の“カメレオン俳優”のすべてが詰まっている。重版を記念し、誌面カットが先行公開された。

 本書は雑誌『プラスアクト』で約5年にわたって掲載された撮り下ろしフォトストーリーを掲載するほか、新たな撮り下ろしカット、さらに撮影の時々に本音を語ったインタビューと新録のパーソナルロングインタビュー、合計で15万字にも及ぶ言葉も収録される。