高橋克典主演『不惑のスクラム』 追加キャストに萩原健一

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
NHK土曜ドラマ『不惑のスクラム』(9月1日スタート)に出演する高橋克典(右)、萩原健一(左)(C)NHK

 ラグビーを題材にしたNHK総合の土曜ドラマ『不惑のスクラム』(9月1日スタート、毎週土曜 後8:15~8:43、全7回)の取材会が30日、兵庫県宝塚市立花屋敷グラウンド多目的グラウンドで実施され、主演の高橋克典をはじめメインキャストが勢ぞろいした。

【写真】ロケに参加した大坂淀川ヤンチャーズの皆さん

 安藤祐介氏の同名小説を映像化。生きる希望を失いかけていた主人公・丸川良平(高橋)が、週末にラグビーを楽しむ40歳以上の年代もバラバラな男たちと出会い、心を通わせ、人生を見つめ直し、別れた家族と再会するまでを描く。

 10代の頃にラグビーをプレーした経験がある高橋は「ラグビーとヤンチャーズ(主人公が所属するチーム=大坂淀川ヤンチャーズ)に救われて、なんとか生きていく糧を見つけていきます。そして家族とまた会って生きること、前を向いて生きていくことを見つけていく役です。そんな40代、いろんなヒントが詰まっています」と、コメント。

 この日をもって出演情報が解禁となった萩原健一は、大坂淀川ヤンチャーズの創設者でステージ4のがんにかかっている宇多津貞夫を演じる。「私は末期のがん患者の役なんです。ラグビーを支えに、また愛情ある家庭の支えがありまして、生き抜こうとしている役柄ですが、途中で死にます。でも非常に面白い役なので、ひとつ見て楽しんでいただければありがたいと思います」と、自身の見どころをアピールしていた。

 取材会にはほかに、渡辺いっけい、村田雄浩、徳井優、上杉祥三、松尾諭、高橋光臣、増田修一朗が出席した。