高嶋政伸、『ハゲタカ』で“ハイエナ”みたいな男を怪演 8・9より第2部へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
綾野剛主演『ハゲタカ』第4話(8月9日放送)よりPCメーカーのカリスマ経営者・滝本誠一郎役で高嶋政伸が出演(C)テレビ朝日

 俳優の高嶋政伸が、テレビ朝日系木曜ドラマ『ハゲタカ』(毎週木曜 後9:00)の第4話(8月9日放送)より、PCメーカーのカリスマ経営者・滝本誠一郎役で出演することが明らかになった。滝本は、会社の事業拡大のためなら手段を選ばない野望に満ちた“ハイエナ”みたいな男。「ややサディスティックな面を持ち合わせた怪人が、またひとり誕生したような気が(笑)」と、自ら語る怪優・高嶋と、“ハゲタカ”こと鷲津政彦役で主演する綾野剛が、壮絶な演技合戦を繰り広げる。

【場面写真】『ハゲタカ』第4話(8月9日放送)より

  “企業買収”のスペシャリスト・鷲津が、「外資のハゲタカ」とバッシングを受けながらも日本の名門企業を次々と買収し、再生していく様を描く本作。高嶋が出演する第4話からは第2部として、舞台を第3話のラストから9年経った2010年に移し、国内有数の大手総合電機メーカー「あけぼの」を巡る買収合戦が描かれる。

 経営状態が思わしくない「あけぼの」に狙いを定めた鷲津率いるホライズンジャパン・パートナーズだったが、「あけぼの」の再生担当役員に、因縁の相手・芝野健夫(渡部篤郎)が就任したと知り、一旦策を練り直すことに。そんな中、「あけぼの」の買収に動き出したのが、PCメーカー「ファインTD」の社長・滝本。「ファインTD」を一代で大きく成長させたカリスマ創業者は、「あけぼの」を手中に収め、さらなる事業拡大を図ろうと画策する。さらに、「ファインTD」のバックには、思いもよらない存在が…。

 「情報収集と迅速な行動こそがビジネスチャンス」と語るその姿は、どこか鷲津と似通った部分もある滝本を演じて、高嶋は「上辺だけではない、内に秘めたパワーで演じないと滝本という人間は出来ないのではないかという気がしたので、とにかく練習を積み重ねました。眠りながらでもセリフが言えるようになるくらいに染み付いてから初めて滝本のキャラクターを作れると思ったんです」と、この役に情熱を込めて向き合ったことを告白。

 「滝本は気迫に満ち溢れている男。鷲津が死肉を食らうハゲタカなら、滝本は『あけぼの』という企業を生きたまま食らうハイエナかな、と思ったのが役の構築のきっかけでした。しかし5話くらいになると、それが少しずつ変わってきたんです」と、高嶋。演じていく中で、滝本の欲望に満ちたカリスマ経営者の面と、弱い人間らしい面を見つけ出したそう。「彼本人もわからなくなっている素の自分を、鷲津からの攻撃によって認識し始めるのですが、そこを認めることができなくて葛藤する、後半ではそんな苦悩も見えてきました」。

 綾野との共演もまた、高嶋にとって素晴らしい時間となったようで、「今回が2度目なのですが、性根を据えてやらないと吹き飛ばされてしまうと思うほど、久しぶりにすごい役者さんにお会いした気がします」。撮影終了時には「自分の中にある表情を総動員し、久しぶりに感情がむき出しになった役でした!」と、充実感に満ちた表情を見せていた。