安田顕、ヴァージンロード初体験に照れ笑い「体が火照る」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『愛しのアイリーン』完成披露“宴”試写会に出席した安田顕 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の安田顕が1日、都内で行われた映画『愛しのアイリーン』完成披露“宴”試写会に出席。安田と同作のヒロイン・アイリーンを演じたナッツ・シトイが結婚行進曲に合わせ、ヴァージンロードを歩きながら登場し、客席からフラワーシャワーを浴びながら壇上へ上がると、会場から黄色い歓声があがった。

【写真】投げキッスをする安田顕

 会場の祝福ムードに安田は「この場所に立ちますと体が火照ってまいります」と照れ笑い。ヴァージンロードを歩いた感想を聞かれ「プライベートでは歩いたことないですよ。結婚式やってませんから」と売れない時代に結婚したことを回想。「晴れやかな舞台で、晴れやかな格好をさせていただいて感無量でございます」と初体験に感慨深げだった。

 同作は、テレビ東京系連続ドラマ『宮本から君へ』などで知られる新井英樹氏の漫画が原作。『ヒメアノ~ル』などの吉田恵輔監督がメガホンをとり、42歳まで恋愛を知らずに行きてきた岩男(安田)が、お金で買ったフィリピン人女性アイリーン(シトイン)と国際結婚する姿を通じ、農村や日本が内包する社会問題を描く。

 そのほか、木野花、吉田監督、新井氏が登壇した。