嵐の新曲「夏疾風」 高校野球大会期間中、甲子園駅限定列車接近メロディーに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『第100回全国高校野球選手権記念大会』期間中、嵐の新曲「夏疾風」が阪神電車甲子園駅の列車接近メロディーに。阪神甲子園球場までは甲子園駅から徒歩2~3分

 嵐の新曲「夏疾風(なつはやて)」が、8月5日に開幕する『第100回全国高校野球選手権記念大会』の期間中、会場となる阪神甲子園球場最寄りの阪神電車・甲子園駅の列車接近メロディーになることが1日、発表された。期間は、5日の始発から大会終了日(21日予定)の終電まで。

【写真】「夏疾風」の発表を甲子園球場で行った嵐

 「夏疾風」は、ABCテレビ『熱闘甲子園』のテーマソングにも選ばれているが、甲子園駅でかかるのは、この列車接近メロディーのためにアレンジされたもの。「夏疾風」のサビの部分が約10秒間放送される。

 なお、甲子園駅列車接近メロディーが高校野球大会関連曲に変更されるのは、夏の大会では今回が6回目(春の大会は2015年~18年に実施)。甲子園駅以外の駅の接近メロディーは、 大会期間中も変更なく従来どおり「線路は続くよ どこまでも」(編曲は向谷実氏が担当)を使用。