バニラビーンズ、10月での解散を発表 11年の活動に幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
バニラビーンズ(左から)レナ、リサ (C)ORICON NewS inc.

 2人組女性アイドルユニットのバニラビーンズが1日、公式サイトで10月での解散を発表した。

バニラビーンズ作品一覧

 昨年10月にデビュー10周年を迎えベストアルバムを引っさげての全国ツアーも行った2人。サイトでは「ツアー終了後、メンバーと今後の活動についての話し合いを重ねた結果、『10年一区切り』 残念ではありますが、今年の10月をもってバニラビーンズとしての活動を終え、『解散』という結論に達しました」と発表している。

 続けて「これまでの11年間は決して順風満帆なアーティスト活動ではありませんでしたが、ここまで継続できたのは、ひとえに応援してくださっているファンの皆さま、関係者の皆さまのおかげだと思っております。心より感謝申し上げます」と心境をつづった。

 メンバーのレナは「みんな、ごめんね。バニラビーンズを守りきれませんでした」とファンにお詫びすると共に、今後については「バニラビーンズとしての活動はこれで終わりとなりますが、レナ個人としてお仕事を続けていきますので、引き続きよろしくお願いいたします!」と宣言。

 リサは「18歳の頃、初めて足を踏み入れた世界で20代のすべてをバニラビーンズのリサとして生きられたことをとても誇りに思います」と回顧。「今までいつも誰かに、何かに、導いてもらってきました。これからの未来は自分の足で新しい日々を歩んでいこうと思います」と前を向いた。

 バニラビーンズは2007年10月に1stシングル「U ▼ Me」(▼=ハート)を発売。「北欧の風にのってやってきた」「清楚でイノセンスな清楚でイノセンスな雰囲気を持つ」“オシャレ系”アイドルをコンセプトに活動してきた。

 活動の集大成として9月18日にラストシングルを発売。10月6日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで単独ワンマンライブ、翌7日には新宿ReNYで『T-Palette Records Presents バニラビーンズに感謝祭~Final Innocence~』が開催される。