永島優美アナ、堤礼実アナと“ワンガン娘”センターに抜てき

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
フジテレビ女性アナウンサーから結成された『お台場ワンガン娘』でメインボーカルを務める永島優美アナウンサー (C)フジテレビ

 フジテレビ・永島優美アナウンサーと堤礼実アナウンサーが夏の恒例イベント『ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018』のPR隊としてフジテレビの女性アナウンサー18人によって結成されたお台場ワンガン娘’18の追加メーンボーカルに決定したことがわかった。すでに同ユニットは26日に開催される『a-nation 2018』東京公演で「め組のひと ~お台場ワンガン娘ver.~」を披露することが発表されており、入社3年目の永尾亜子アナ、新人の杉原千尋アナとともに合計4人が華やかにセンターを彩る。

【別カット】揃って“め!”ポーズ

 入社5年目の永島アナは得意のダンス能力が高く評価されただけでなく、伸びやかな歌声と弾ける笑顔がひときわ光っていたことが決定理由。入社3年目の堤アナは安定した歌唱力とリズム感が群を抜いており、歌声に響く女性的魅力が高評価だったそう。これに歌唱力抜群の永尾アナ、杉原アナ、そして榎並大二郎アナウンサーを筆頭に男性アナ15人で結成された『四代目オマツリ男アナ』が和太鼓演奏でパフォーマンスを盛り上げる。

 永島アナは「実は全く選ばれると思っていなかったので、本当に驚きでしかありません」と選考結果にびっくり。小学校2年から大学4年前の15年間で培ったジャズやヒップホップ、チアリーディングの経験を生かし「私はダンス枠です! 歌の上手な3人の中に入るということで、正直焦っております。必死に練習します!」と固く誓った。一方、堤アナは「歌うこと自体は好きなのですが、お風呂で歌う程度で。自信もなかったので、決定を聞いた時は驚きと焦りの気持ちが大きかったです。ですが、選んでいただいたからには精一杯務めさせていただきます」とやる気十分だ。

 8日には『ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018』マイナビステージにてお台場ワンガン娘が四代目オマツリ男アナとの和太鼓コラボで歌とダンスを初披露。永島アナは「先日初めて全員でのダンスレッスンがあったのですが、フォーメーション転換が多いです! あと、三田アナと三上アナから『永島ちゃーん、これで合ってる??』と言いながら見せてもらったダンスが割とカクカクしていて、先輩、すみません! かわいかったです(笑)。今、一丸となって猛練習中で、初披露に向けて精度を上げていきます!」 と期待をあおっている。