AKB48総選挙感謝祭は女王・珠理奈不在 須田・宮脇ら選抜15人が大熱演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
総選挙1位の松井珠理奈不在で行われた『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート』 (C)ORICON NewS inc.

 AKB48グループが2日、横浜アリーナで『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート~』を開催した。本来は6月の『第10回AKB48世界選抜総選挙』で選抜メンバー(1~16位)に選ばれた16人がファンに感謝を伝えるコンサートだったが、総選挙以降、体調不良が続き休養中の新女王・松井珠理奈(SKE48)は、当初の発表どおり欠席。“主役”は不在のままだったが、2位の須田亜香里(SKE48)は本編のラストナンバー「支え」の一人ひとりの自己紹介パートで「松井珠理奈」と代わりにあいさつした。

【写真】空中ブランコで登場、バイオリン演奏、断髪シーンも

 オープニングは総選挙選抜シングル「センチメンタルトレイン」(9月19日発売)のライブ初披露で幕開け。歴代の総選挙シングル「言い訳Maybe」「ヘビーローテーション」などを披露後、このライブの目玉であるソロパフォーマンスに突入した。

 トップバッター16位の本間日陽(NGT48)は、ルーフにサーフボードを乗せた赤い車に乗ってステージに登場し、「波乗りかき氷」を王道アイドル感たっぷりに披露。15位の古畑奈和(SKE48)は「誰かの耳」でシリアスなパフォーマンスを披露中、はさみを高々と掲げると、自らのロングヘアをバッサリと切り落とし、にやりと不敵な笑みを浮かべるサプライズで驚かせた。その後のMCでは「ちょうど傷んでたんで、美容院代を浮かそうと思って。大人の方に4回ほど止められたんですけど」と裏話を明かした。

 14位の吉田朱里(NMB48)は人気YouTuberらしく、昨年同様、自身が編集したミュージックビデオをバックに「キャンディー」を披露。13位の向井地美音(AKB48)はバンドを従え、自身も自前のエレキギターをかき鳴らしながら「AKB参上!」を演奏してロックな一面を見せた。12位の高橋朱里(AKB48)は自身の歴代の衣装を着た後輩をバックに「ポニーテールとシュシュ」「僕らのユリイカ」「真夏のSounds good!」の夏曲メドレー、11位の惣田紗莉渚(SKE48)は女性ダンサーをバックに欅坂46の「ガラスを割れ!」を歌って踊り、魅了した。

 10位の田中美久(HKT48)はデート風映像をバックに「ハート型ウイルス」を歌い、おなじみのせりふでは「選抜なんて全然ありえないと思ってたけど…なんだか私、夢がかなったみたい」と言ってファンは大歓声。9位の矢吹奈子(HKT48)は自身の0歳~17歳までの思い出アルバムをバックに「Seventeen」を、8位の大場美奈(SKE48)はSKEメンバーをバックに従えて自身が総選挙で初ランクインしたときの楽曲「抱きしめちゃいけない」を歌い、「大事な曲を大好きなメンバーと歌えて最高です」と感激した。

 ここからは“神7”のパフォーマンスに入り、武藤十夢は第4回選抜総選挙(2012年)で49位となり、フューチャーガールズのセンターを務めた思い入れの深い曲「Show fight!」を披露。殺陣を交えての大熱演となった。

 これまでコンサートでピアノやギター、笛に挑戦し、昨年の感謝祭では吉田兄弟とともに三味線演奏の共演で沸かせた6位の横山由依(AKB48)は、今年はバイオリンに挑戦。「情熱大陸のテーマ」を見事に演奏した横山は、続いて「Everyday、カチューシャ」のイントロを弾いたが、音を外しまくって笑いが起こり、本人も思わず苦笑いした。歌い終えてからもう一度、アウトロを演奏したものの、またもやうまくいかず、MCで登場した同期の大場は「最後のは何?」と突っ込んで会場は爆笑の渦に。7月から1ヶ月練習してきたといい、「CDと一緒じゃなかった?」ととぼける横山に対して、「オリジナルだった。楽器に挑戦したがるよね」と容赦なくいじった。

 5位の岡田奈々(AKB48)は“三銃士”時代や兼任するSTU48などの映像を交えた「HISTORY MOVIE」と壮大なオーケストラ演奏をバックに、力強く伸びやかな歌声で「愛の存在」を歌い上げた。映像は自身がセンターを務めた「考える人」のミュージックビデオなどを手がけた中村太洸監督が手がけた本格的なもので、MCで宮脇咲良が思わず「卒業するの?」と聞いたほどの感動的な映像、それに負けないほどの歌唱力で圧倒した。

 4位の荻野由佳(NGT48)は宙吊りのブランコで登場すると、自身が初センターを務めたNGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」を歌唱。バックステージに着地すると、自身の推し席などに手を振りながらメインステージへ移動し、LEDモニターに映し出された青空と、紙吹雪の演出で歌い切った。

 続いて登場した3位の宮脇咲良(HKT48)は「私にとって最後の総選挙、本当にありがとうございました」とセンター(アリーナ)の大半を埋め尽くした自身のファンにあいさつ。続けて「今まであなたの背中をずっと見てきました。まだまだ未熟ですが、ずっとあなたについていきます」と宣言すると、モニターに「R.S.に捧ぐ」と映し出され、会場には思わず笑いが漏れた。AKB48チームAの公演曲で高橋みなみに向けたと言われる楽曲「M.T.に捧ぐ」をもじったもので、指原莉乃と思わしきメンバーとHKT48メンバーとの感動的な映像、さらにはステージに駆けつけたメンバーを背に、涙ながらに「あなたからいつか褒められたい」と歌った。

 ソロパートのトリを務めたのは、この日の出演者最上位2位の須田。LEDモニターに「あなたはダサかっこいいを知っていますか?」「私はブサイクだけどブサかっこいいを目指します!」との決意表明の文字とともに、DA PUMPの「U.S.A.」を完コピした「B.U.S.A.」をキレキレのダンスとともに披露した。ブサイクをネタにして露出を増やしている須田は「なんでこの曲を選んだかというと、『U.S.A.』の頭にBをつけると『B.U.S.A.』なるんですよ。DA PUMPさんの『U.S.A.』はダサかっこいいで浸透してるので、そこにあやかった“ブサかっこいい”を目指したい」と息巻き、笑いを誘っていた。

■『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート』【2位~16位】
overture
01. センチメンタルトレイン
02. 言い訳Maybe
03. 1・2・3・4ヨロシク!
04. 12秒
05. ヘビーローテーション
06. 波乗りかき氷/本間日陽
07. 誰かの耳/古畑奈和
08. キャンディー/吉田朱里
09. AKB参上!/向井地美音
10. 夏曲メドレー/高橋朱里
11. 台風~ガラスを割れ!/惣田紗莉渚
12. ハート型ウイルス/田中美久
13. Seventeen/矢吹奈子
14. 抱きしめちゃいけない/大場美奈
15. Show fight!/武藤十夢
16. Everyday、カチューシャ/横山由依
17. 愛の存在/岡田奈々
18. 世界はどこまで青空なのか?/荻野由佳
19. R.S.に捧ぐ/宮脇咲良
20. U.S.A./須田亜香里
21. オキドキ/須田+全員
22. パレオはエメラルド
23. あなたがいてくれたから
24. #好きなんだ
25. 支え
【アンコール】
26. ハイテンション
27. ジャーバージャ
28. アリガトウ