黒柳徹子、乾貴士&大迫勇也“サッカーの妙技”が「かわいい~」と大興奮

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
8月6日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』にサッカーW杯ロシア大会で活躍した乾貴士選手と大迫勇也選手が初出演(C)テレビ朝日

 日本中を熱狂させた『FIFAワールドカップ2018 ロシア』に日本代表として出場し、得点を挙げるなどの大活躍を見せた、乾貴士選手と大迫勇也選手が、6日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』(月~金 正午)に初出演する。2人の写真パネルやシューズ、サッカー仕様の花束などが飾られた特別セットの中でやや緊張気味に座る乾と大迫を、黒柳徹子が質問攻めに。W杯の心境や、家族、海外生活について聞くほか、技を見せてもらう場面も。2人の妙技を見た黒柳はなぜか「うわ~、かわいい!」と大興奮だった。

【写真】黒柳徹子が大迫選手のふくらはぎをお触り

 番組収録は、乾と大迫が黒柳の前で華麗なボールパスを披露するところからスタート。実は今回の出演は乾が「ぜひ出たい」と希望したことから実現したそうで、「ホントなの?」と聞く黒柳に乾は「はい、ホントです!」と即答。黒柳は大迫にも「アナタもいいですか? 出ていただいて」と尋ね、大迫も笑顔で「はい、いいです」と返した。

 トークでは、2人の体格が気になった様子の黒柳。それぞれの身長を聞き、「立ってみてもらっていい?」と背くらべ。「そんなに(背の高さが)違うとは思わないけど…でも、やっぱりちょっと違うかな」と分析し、それを聞いた2人が思わず笑みを浮かべる。また「大迫さんは足の筋肉がすごいそうね。ちょっと触ってみていい?」と、黒柳が大迫のふくらはぎを触ってチェック。「うわ、あら~…」と、その筋肉の硬さに感激する黒柳だったが、急にハッとした様子でカメラ越しの視聴者に向かい「ごめんなさい皆さん。私は今、代表として触っているので」とコメント。さらにペシペシと感触を確かめて「パンパンというか、バンバンね」と、伝えた。

 代表戦で実際に着ていたユニフォームをスタジオに持って来てくれた乾と大迫。2枚のユニフォームをそれぞれに広げながら「対戦したチーム名が(ユニフォームに)記載されているんです」と説明。それらをじっくりと眺める黒柳は「後ろもすごいの! 名前が書いてある。誰のかが分かるのよ」と、思いがけないところで感心。1枚を手に取らせてもらい「皆さん、うらやましいでしょ~」と大はしゃぎだった。

 黒柳は、さらに2人に「サッカーの妙技を見せていただけますか?」とお願い。そこで乾は得意のリフティングをしてみせ、黒柳は「わ~、かわいい~!!」と大興奮。何回できるのかを聞かれた乾が「小学3年か4年生の時に5000回くらい数えて、もうそこから数えるのをやめました」と語り、さらに黒柳を驚かせた。

 また、黒柳が今度は大迫へ「ヘディングが有名だと伺ったんだけど」とおねだり。「ここでヘディング?  ど、どうしたらいいですか!?」と戸惑う大迫に乾が「俺が(ボールを)投げようか?」と提案し、軽快なヘディングを披露。「うわっ! うわっ!!」と、とてもビックリした黒柳は「頭は痛くならないの?」「(ボールが飛んで来たら)どいちゃうってワケにはいかないの?」と質問。「どいちゃう」というコメントに大笑いの2人だったが、そこで返した乾と大迫の言葉がまた、絶妙だった。

 話題はW杯で一気に流行語になった、「(大迫が)半端ない」という言葉についても及んだ。この言葉が生まれたきっかけや世間の反応について、また乾の学生時代のあだ名も判明。「めっちゃ恥ずかしいな(笑)」と互いの顔を見つめ合いながら照れる乾と大迫の仲良しぶりも見どころだ。乾はスペイン、大迫はドイツでの海外生活についてや、妻子とのプライベートな家庭生活にも言及する。黒柳とのトークに、やや(!?)振り回されながらも楽しくて仕方ない様子の乾と大迫の表情にも注目だ。