小林麻耶、芸能界引退へ 所属事務所が認める「本人の意志を尊重」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小林麻耶(C)ORICON NewS inc.

 先月24日に4歳下の一般男性と結婚したフリーアナウンサーの小林麻耶(39)が3日、自身のブログを更新。所属事務所のセント・フォースとの契約がこの日で終了し、メディアの仕事を離れて「全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」と明かした。所属事務所はORICON NEWSの取材に対し、小林が芸能界から引退することを認めた。

【写真】膝上ワンピで美脚を披露する小林麻耶

 小林は事務所に対して「TBSを退社してから約9年間、どんな時も支え続けてきてくれた社長、マネージャーさん達に感謝しかありません。家族のようにほっとできる事務所でした」と感謝。メディアからは離れるが、ブログは「小林麻耶としてではなく、プライベートの私として書き綴って参りましたので、引き続き、皆様と触れ合う場所にさせてください」と今後も継続する。

 小林はブログの最後を「これまでテレビやラジオをはじめメディアで私に出逢ってくださった全ての皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました」と結んだ。

 所属事務所も代表取締役名義の書面で「弊社は小林麻耶さんとのマネジメント契約を本日8月3日をもちまして終了することになりました。弊社といたしましても誠に残念ではありますが、本人の意志を尊重し、ここにご報告させていただきます」と発表。

 続けて「今まで本人を支えて下さった関係者の皆様、ファンの皆様に心より御礼申し上げます。メディアの仕事から離れることになりますが、これからも一人の女性としての小林麻耶をどうぞ温かく見守って頂けたら幸いです」と呼びかけた。

 小林は1979年7月12日生まれ、東京都出身。青山学院大学在学中に日本テレビ系『恋のから騒ぎ』に出演。2003年にアナウンサーとしてTBSに入社。09年3月に退社し、フリーとして同局の報道番組『総力報道!THE NEWS』メインキャスターを務めた。