真野恵里菜、結婚後初公の場 祝福に笑顔「新しい世界、頑張ります!」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
結婚後初めて公の場に登場した真野恵里菜 (C)ORICON NewS inc.

 女優の真野恵里菜(27)が4日、都内で行われたTBSテレビ制作ドラマ『SPEC サーガ黎明篇「サトリの恋」~あなたの心、一生サトリます▽(=ハート)~』の舞台あいさつに出席。サッカー日本代表MF柴崎岳選手(26)と結婚後、初めて公の場に姿を見せた。

【全身ショット】スタイル抜群!ワンピ姿で美脚を披露した真野恵里菜

 イベントを欠席した堤幸彦監督は、主演の真野に向け「結婚おめでとうございます」と祝福のビデオメッセージを寄せた。初対面からの思い出を振り返りながら「娘を嫁がせる親の気持ち」「幸せになってもらわないと困るけど、女優としても頑張ってもらいたい」と感慨深げに喜んだ。

 改めて会場の観客からも祝福を受けると「ありがとうございます」と笑顔で感謝し「実感がわかないけど、たくさんの方に祝福してもらって、人生で一番『おめでとう』という言葉を言われた。きのうもランニングしてる方に『真野ちゃん、結婚おめでとう』って」と、幸せオーラ全開。

 続けて「これからもどうなるかわからない。私にとっても新しい世界。考えて話し合って、お互いに尊重しあっていければいいな。頑張ります!」と話し、温かい拍手を浴びていた。

 真野は、先月16日に所属事務所を通じてFAXで結婚を発表。直筆で「これからは、夫婦としてお互いを支えながら笑顔あふれる家庭を築いていきます。皆様には、あたたかく見守っていただけたら嬉しく思います」としたためた。挙式・披露宴等に関しては未定。結婚後も家庭を優先しながら芸能活動を行って行く予定としている。

 人気シリーズ『SPEC サーガ』の完結編として、配信サービス『Paravi』で人気を誇っているオリジナルドラマ『SICK'S 恕乃抄』。9月28日より、真野演じる「サトリ」こと星慧のルーツを描いたストーリーを独占配信する。

 「初めてサトリに出会ったのは19歳のとき」と感慨深げに回顧した真野は「いまだに『SPECを観てました』と言われることが多い」と、うれしそうに告白。サトリの過去を演じた今作では、連ドラ版からさかのぼり、高校生のサトリを演じる。

 現在27歳の真野が女子高生役とあり「私は歳を重ねてしまって(劇中の年齢と)かけ離れる。堤さんは本当にドSだなと。衣装合わせのときが怖かったけど、監督はじめ、スタッフのみなさんが『意外とイケるね!』って」と笑いながら明かし、「今度こそ、この作品が制服納めなのかな」とほほ笑んでいた。