『ジャンプ+』連載漫画『地獄楽』、本日発売の『週刊少年ジャンプ』に出張掲載

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『地獄楽』が出張掲載された『週刊少年ジャンプ』36・37合併号表紙 (C)週刊少年ジャンプ36号・37合併号/集英社

 漫画アプリ『少年ジャンプ+』で連載中の『地獄楽』(ジゴクラク)が、きょう6日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に出張掲載された。

【付録画像】『ニセコイ』『ぬらりひょんの孫』の女の子が登場するイラストブック

 『地獄楽』は、江戸時代末期を舞台にした忍術浪漫活劇。最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から、極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れれば無罪放免になることを告げられる。愛する妻のためにその条件を飲み、島に上陸したが同じく自由を求める死罪人たちや島に潜む謎の化物が立ち塞がるストーリー。

 出張掲載では作品のアウトラインを紹介するだけではなく、本編では描かれていなかった未開の島への道中が32ページのボリュームで描かれる。また、出張掲載を記念してコミックス第1巻が同アプリ上で、12日まで期間限定公開されることになった。

 また、同号には『ニセコイ』の古味直志氏や『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛氏などが、「夏の女の子」をテーマにイラストを描き下ろした本が綴じ込み付録として収録。サザンオールスターズとジャンプ作品のキャラクターたちがコラボ表紙を飾っているほか、桑田佳祐のスペシャルインタビューと取材の様子を描いたルポ漫画も掲載。

 さらに、『家庭教師ヒットマン REBORN!』の天野明氏が贈る“氷上の格闘技”アイスホッケーを描いた新作読切『HOT』が、センターカラー47ページで登場する。